VR関連の認知度調査、全体の74%がVRを「知っている」 HMDの所有は20代がトップに

株式会社ジャストシステムは、同社のセルフ型ネットリサーチ「Fastask」によるアンケート調査レポート「動画&動画広告月次定点調査 2019年5月度」を公開しました。調査レポートにはVR関連の項目も設けられており、VRの認知度向上やサービス利用者の増加などが示されています。調査対象はFastaskのモニターのうち男女17歳~69歳まで均等、有効回答数は1,100です。

VR関連の認知度調査、全体の74%がVRを「知っている」 HMDの所有は20代がトップに


本調査レポートによれば、全体の74.3%の人がVR関連商品やサービスを認知しており、2018年5月度よりも4.9ポイント増加しています。また、全体の14.5%がVRを利用したことがあるとのことです。こちらも2018年5月度よりも4.9ポイント増加しています。男女別の利用者は、女性よりも男性の方が多く、年齢別では10代から30代にかけて利用する人が多くなっています。

VR関連の認知度調査、全体の74%がVRを「知っている」 HMDの所有は20代がトップに

ジャンル別のVR利用状況では、VR体験施設などのアミューズメントにおいて利用経験のある率が最も高く、次に映画や映像コンテンツでの利用が多い結果となりました。一方、不動産業界で進んでいるVR内見といった企業コンテンツに関しては、調査対象の中で一番利用が少ないという結果になりました。

VRヘッドセットの所有率は20代が最も高い

VR関連の認知度調査、全体の74%がVRを「知っている」 HMDの所有は20代がトップに

VRヘッドセット(VRゴーグル)の所有に関する質問では、VRのことを知っている人の中で11.6%が所有しており、なかでも20代が23.1%と所有率が最も高い年代となりました。年代別では20代の下に10代、30代と続き、40代以降は10%以下という低い数字となっています。

また、VRヘッドセットの購入を検討している人は13.6%、VRヘッドセットを知っているが購入予定はない人は62%、VRヘッドセットのことは知らない人が10%と、VRは知っているがヘッドセットの購入予定はない人が大半を占める結果となりました。

Mogura VR NewsではVR関連の調査や統計を掲載しています。

(参考)動画&動画広告月次定点調査 2019年5月度

あわせて読みたい

気になるキーワード

MoguraVRの記事をもっと見る 2019年6月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「AR」のニュース

次に読みたい関連記事「AR」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら