イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

今や数千人を数えるVTuber(バーチャルユーチューバー)・バーチャルライバー。これまでVTuberと言えばトップランナーであるキズナアイを筆頭に、可愛らしい女の子のVTuberが人気を博してきました。しかしそのトレンドも少しずつ変化しており、昨今では男性のVTuberやバーチャルライバーにハマる女性視聴者もどんどん増えています。2018年8月に公開されたVTuber認知度調査からも分かる通り、「VTuber=男性が楽しむもの」という図式は終わりつつあります。

本記事ではそんな男性VTuber・バーチャルライバーの中でも特に人気のおすすめグループや、これから伸びること間違いなし! な注目の男性VTuberグループをご紹介します。

トップを走り続ける人気コンビ、 にじさんじ二期生の剣持刀也&伏見ガクによる「†咎人†」

まず最初にご紹介するのは「にじさんじ」のバーチャルライバーの二人。男性ライバーを語るうえで外せない、にじさんじ二期生の剣持刀也と伏見ガクです。コラボ名称は「†咎人†」。

全男性ライバーの中でも圧倒的なチャンネル登録者数である7万4千人を誇る、通称「力也(りきや)」こと剣持刀也(けんもちとうや)。剣道部に所属する16歳の彼は“口から生まれた”と表現されるほどキレッキレのマシンガントーク、そして豊富な語彙力で紡がれる名言の数々が大きな魅力。話のネタも幅広く、自らを「漫画好き」と名乗っているように、かなりの冊数の漫画を読破しています。その守備範囲は少年漫画に青年コミックはもちろん、なんとマイナー少女漫画まで……。さらに彼は本格的なボイパとラップが特技という一面も持っています(“力也”は同じにじさんじ所属の月ノ美兎による誤字が広まったもの)。

留学経験を活かした英語力、知識と深い教養を持つ彼は見れば見るほど良さに気づかされる、魅力の塊のようなVTuberです。非常にハイスペックな剣持刀也ですが、実は恥ずかしがり屋だったり笑い声が女子よりも清楚と言われたり。たまに見せるかわいらしさにやられてしまう女性ファンが続出中です。

その剣持刀也と肩を並べているのが、同じく二期生の伏見ガク。朝の6時45分からリスナーと同じメニューの朝ご飯を食べる「おはガク」という配信を続けています。みんなと一緒に手を合わせて「いただきます」からはじまり、「ごちそうさまでした」をする伏見ガク君の配信は、朝が憂鬱な学生から忙しく働く社会人女性の多くを救っています。

そんな2人はオフラインコラボでいっしょにゲームを楽しんだり、剣持刀也君が「おはガク」に参加したりと本当に仲良し。最初のオフラインコラボにも関わらず、1つのイヤホンを2人で分け合って配信したり、唐突に男子高校生の日常の主題歌を歌い始めた刀也の歌声にガクがハモってみせたりと、息が合い過ぎるほどの仲の良さを見せつけました。

普段はイケメンムーブだらけで乙女心を鷲づかみする伏見ガク、毒舌でリスナーに媚びないクールな剣持力也。この2人がリラックスしながらゲームやトークを楽しむ姿は、コラボ配信だからこその魅力です。

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

ノリに乗ってる男性コンビ、アンジョーとコーサカの「MonsterZ MATE(モンスターズメイト)」

男性VTuber・バーチャルライバーグループの中でも、多方面から注目されてノリに乗っているコンビと言えば「MonsterZ MATE(モンスターズメイト)」。狼男の「アンジョー」と吸血鬼の「コーサカ」が人間界で共同生活を始めたところからスタートしています。

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

彼らの魅力は、まるでテレビのバラエティのようなテンポの良い掛け合いとノリの良さ。男子同士のゆるゆるした会話をそのまま撮影したような笑えてシュールな空気感は、肩の力を抜いてまったり楽しく視聴できます。

またVTuberと言えば「リスナーがいる」という体裁で会話するスタイルが定番ですが、この2人はあくまで画面の中で普段通りの生活を送っています。まるでくだらないことを話し合っている姿を画面越しに覗き見しているような気分で楽しむことができます。

特に吸血鬼のコーサカはラッパーでありつつもオタク道を極めており、マニアックな野球選手モノマネを皮切りに、Key作品について熱くトークを繰り広げたり、さらにはFGOのガチャを回したり……。一部の人にしか伝わらないような趣味全開の動画も多く投稿されています。

モンスターズメイトのすごいところは笑える動画はもちろんですが、プロとして楽曲製作を行っており、また先日「5G」を利用したARライブを開催したことでしょう。リアルタイムモーションキャプチャースタジオで撮影し、2人のパフォーマンスをそのまま反映してライブ、という一大イベントを成し遂げました。

普段はちょっとおまぬけでアニメなどのサブカルトークが大好きなコーサカ、そしてクールに見えるけれど少し天然が入ったマイぺース男のアンジョー。普段は芸人のようなノリの良い2人も、いざ歌い出すとその歌唱力とライブパフォーマンスのカッコよさに度肝を抜かれます!

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

実はこの2人、魂がわかるバーチャルライバーとしても有名です。アンジョーは歌い手のun:c氏(読み:あんく)、そしてコーサカはラッパーとして活動している高坂はしやん氏がキャストを務めています。もともと歌手活動をしていた2人、これからも歌に日常にと幅広く活動を続けていきそうです。

型破りな配信スタイルが話題! 爆発的な人気の6人「ぶいめん」

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

(左から超毒舌の「夕闇ルキア」、いつも眠くて癒し系の「眠末ねる」、お菓子大好きな「冒志乃らむ」、動物大好きでゲームが苦手な「天川アルト」、オラオラ系な見た目で記憶喪失の「大河ユウ」、頭にペットのデバスチャンをかぶっている「白真くま」)

もともと活動していた夕闇ルキア、天川アルトの2名のほか、追加で4人が加わり合計6人のグループとして活動しているのがこの「ぶいめん」。7月に本格デビューしたばかりに関わらず、Twitterのフォロワー数は各メンバーで2万5千人前後、チャンネル登録者数も2万人台とにじさんじの「†咎人†」コラボに次ぐ盛り上がりっぷり。

6人それぞれがとにかく個性的で、それでいて男性ライバーの一般的な配信スタイルの枠におさまらない傍若無人な振る舞いが魅力です。アイドルとしてはあり得ないような、ちょっとした問題発言と奇行の数々は女性向けにしては過激なものばかり。しかし、その容姿といい声で繰り広げられるトークは聞いていて楽しくて仕方がありません。日々多くの女性ファンの心をつかみ、今もっとも伸びている男性グループです。

夕闇ルキア+大河ユウ

初期から活動していた夕闇ルキアはそのクールな外見とは裏腹に、喋り出したとたん繰り出される毒舌や暴言の数々。彼の知名度を一気に高めた理不尽アクションゲーム「スーパーバニーマン」の実況では、「ふざけんな!」「〇すぞ!」とバーチャルとしてあるまじき暴言で絶叫する姿を披露。さらには配信中に親フラした母親とのリアルな会話を晒す芸を披露するなど、まさに破天荒の極み。女性向けグループにも関わらず、堂々と大きな音で鼻をかむ姿はデビュー数日でリスナーに衝撃を与えました。

そんな彼がコラボした相手が大河ユウ。メンバーの中でも大人っぽく色気のあるイケボの2人がそろったかと思えば、トークの内容は自分たちの顔が良い、クオリティが高いなどの裏側事情(というか自画自賛)。大河ユウが台詞を読み上げたかと思えば、姿を消して後ろに現れる夕闇ルキアが見れるなど、このように始終ふざけ合う2人のコラボは、こんなハチャメチャな配信見たことがないの一言。数千人が見ている前でふざけまくる2人の様子は爆笑必至です。

白真くま+眠未ねる https://www.youtube.com/watch?v=fEZC3iWdKaY&t=622s

すでに再生回数は6万回を突破している上記の配信は、はきはきと大声で話す白真くまに対して、ささやき系のんびりボイスで話す眠末ねるの凸凹コンビが話題になりました。配信ではお互い罰ゲームをかけて、ふにゃふにゃ物理演算アクションゲーム「HUMAN fall flat(ヒューマンフォールフラット)」をプレイ。

ぐにゃぐにゃ動く可愛らしいキャラクターを操作する2人は、協力プレイと言いつつも息が合わず、たびたび危機的状況に陥ります。絶叫し続ける白真くまに対して、いつでも眠そうでローテンションの眠末ねる。この2人のテンションの差がおかしく、爆笑必至のシーンの連続です。残念ながらアーカイブは途中までしか公開されていませんが、そこまででも十分に楽しめる内容となっています。

ほかにも白真くまと大河ユウが「The Forest」をいきなり13時間配信するなど、型破りすぎるゲーム実況を敢行。アーカイブを公開してわずか3日で10万再生を突破した伝説の長時間配信となりました。途中で他メンバーも登場するなど豪華な内容ですので、ぶいめんファンはこちらも要チェックです。

さわやかイケメンコンビが指令クリアを目指す!「お茶の間Tボーイズ」

6月5日にデビューした男性ユニット、お茶の間Tボーイズ。とあるオーディションに合格した彼らは、夢を叶えるために「T-BOX」というシェアハウスで共同生活をスタート。「オーナーからの指令をクリアし、それを動画として配信すること」がルールとなっており、箱入り男子こと「ハコダン」のさわやかイケメン2人が、毎回渡される指令を協力し合い、おもしろおかしくクリアを目指していくのが基本スタイルです。

茶髪でやんちゃ元気系の森山ソラ君は焼き鳥屋でアルバイトをしながら歌手を目指している男の子。そして共同生活を送っているもう一人が、大学に通いながらミュージカル俳優を夢見ている、クール系イケメンの白石カイトです。

毎回両腕を横に広げ、3Dキャラクターモデルのデフォルトポーズである「Tポーズ」を再現した「Tポーズから始めるよ! ソラです! カイトです!」の挨拶から動画がスタート。イケメン2人なのに絶望的にダサいコンビ名にはじまり、動画の内容も組体操や即興ダンス、将来の夢に役立つのかよくわからない指令と、どこかゆるい空気感が漂っています。活動を始めた若手アイドルや俳優たちが出演する深夜番組や、舞台裏を見ているような雰囲気が楽しめます。

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

特に上記の組体操は、複雑な動きがそのまま再現されており、その背後にあるトラッキング技術の高さが伺えます。複雑な組体操をこなす姿は、本当にバーチャルの2人が画面の中に存在しているかのようなリアルさ。微妙な指令にいつも全力で取り組む仲良し2人の姿は、ふと笑いがこぼれ癒されること間違いなしです。

本格的な音楽アイドルユニット「Sui-Say(スイセイ)」

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

(左から:歌はもちろん台詞も得意なイケメン、しかし謎センスの持ち主「折緒コウヤ」、楽器が得意でセクシーな通称るったん「美影ルクス」、カワイイ担当でオーディション一位通過、歌唱力が高い「星屑れん」、緑で眠そうな脱力系男子「湊音みなみ」)

アイドル特化のVTuber事務所KAGAYAKI STARS。女性メンバーのほかに、男性アイドル4人が集まったグループが「Sui-Say(スイセイ)」です。それぞれ個性的で魅力のあるメンバーですが、中でもオフラインコラボの回数が多く仲良しなのが美影ルクスと折緒コウヤ。普段はクールでセクシー系のイケてるメンズの美影ルクス、折緒コウヤ君とのコラボでもトークを引っ張っていくかと思いきや、昔からの友達のような仲の良さで軽快なトークを繰り広げていきます。

特にこの2人は一見すると美影ルクスが引っ張っていきそうなものの、たびたび折緒コウヤにモノマネをされたりいじられポジションに。セクシー担当ながら真面目な性格をしている美影ルクスを、折緒コウヤ自身が手掛けた支離滅裂な作詞に歌をつけろと持ち掛けるなど、独特の感性で振り回す姿は必見です。

全員音楽が大好きなグループですが、特に2人は音楽の好みや趣味が合うのか、好きなアーティストトークからアニメのネタまで幅広いテーマで話を盛り上げていきます。

とにかくスイセイはグループ愛が強く、コラボ中もそこにいないほかメンバーの話を出すなど仲良し。
たまにメンバーが通話で飛び入り参加したりと、活動開始してまだ2か月目ながら、抜群の仲の良さを発揮しています。追いかけはじめるなら今のうち、かも。

暇を持て余した仲良し5人が放課後に繰り広げるドタバタ劇、「チェリ高帰宅部」

9月3日に動画デビューしたばかりの男性VTuberグループ「チェリ高帰宅部」。私立桜桃高校(チェリ高)に通っている同じクラスの5人組で結成されたこのグループ、帰宅部ならではのなんてことない日常と、放課後に繰り広げられるくだらなくちょっとハードな罰ゲームに挑戦していきます。

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

(左上:緑担当「高砂緑也」。ゲームとアニメが好きなほかに、5人の中で唯一関西弁。 右上:ピンク担当の「西山夢鷹(にしやまむたか)」。ゲームや釣りが好き。もっとも体格が良く身長も高い。 左下:青担当の「最上レン」。アニメやゲームが好き。黒のニット帽がトレードマーク。 中央:赤担当の「南陽結城」。帰宅部リーダーながら、ハッシュタグに慣れていない、ツイッターに動画をギガファイル便でアップするなど、色々やらかしているいじられキャラ。 右下:黄色担当「花笠イリヤ」。バイクが好き、今は原付生活)

チャンネルはメンバー一人ひとりではなく、5人全員分が1つだけとなっており基本的に常に5人で活動するスタイル。まだ活動をはじめたばかりですが、男子高校生らしいノリの良さ、無鉄砲さは見ていて元気がもらえて爆笑できます。

イチオシ男性VTuberユニット6選! 魅力や見どころを徹底解説

また、今どきの男子高校生同士のおふざけや掛け合いを楽しめるのがチェリ高の魅力! 罰ゲームとしてからし入りのシュークリームを食べるなど、ちょっとしたおふざけで放課後の暇な時間をつぶす彼らを端からずっと眺めていたくなります。それぞれタイプが違うイケメン5人、自分の好みに合致するメンバーがいるのではないでしょうか。今後の活躍に今もっとも注目したい男性グループです。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。