FPが解説!投資信託の税金はいくらかかる?どうやって払う?

FPが解説!投資信託の税金はいくらかかる?どうやって払う?

本記事では、投資信託の金について解説します。税金と聞くと難しい印象をいだきます。ですが、ポイントを抑えればとても簡単です。また、税金がかからないようして、より有利に資産運用を行う方法についても紹介します。

本記事では初心者の方にわかりやすいように、極力簡単な表現でお伝えしていきます。


投資信託の収益にかかる税金はいくら?

FPが解説!投資信託の税金はいくらかかる?どうやって払う?

まずは、投資信託の税金の基本からです。税金は投資信託から生じる「利益」に対して20.315%かかります。別の言い方にしますと、損をしたときには税金がからない、ということです。

税金は基本的に、投資信託で利益が出たときに20.315%かかる。


税金がかかる投資信託の利益ってなに?2種類の利益【譲渡益(キャピタルゲイン)と分配金(インカムゲイン)】

FPが解説!投資信託の税金はいくらかかる?どうやって払う?

その投資信託から生じる利益は、大きく二種類に分けられます。

  • 投資信託を売って儲かった時
  • 投資信託を持っていて普通分配金が入ってきた時
  • 少し詳しく見てみましょう。

    ①投資信託を売って儲かるとは?投資信託のキャピタルゲイン(売却差益)に税金がかかる
    例えば、ある投資信託を1万円で買って、1.5万円に値上がりした時に売ったとします(手数料無視)。このように「安く買って、高く売る」と売却差益が生じます。※図表は筆者作成

    FPが解説!投資信託の税金はいくらかかる?どうやって払う?

    この場合は、五千円が売却差益、つまり利益です。そのため、この五千円に20.315%の税金がかかります。

    この売却差益のことをキャピタルゲインや譲渡益とも呼ぶこともあります。先に触れましたが、損をしたときには税金は発生しません。つまり、「高く買って、安く売った」時には税金が発生しません。


    あわせて読みたい

    マネタスの記事をもっと見る 2019年5月7日の経済記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    経済ニュースアクセスランキング

    経済ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    国内の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    このカテゴリーについて

    経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。