One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?金融のプロがメリット・デメリットを徹底分析!

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?金融のプロがメリット・デメリットを徹底分析!

https://manetasu.jp

One Tap BUY(ワンタップバイ)は、スマホから簡単に株式投資ができるサービスで、最低1,000円から始めることができることから投資家の注目を集めています。この記事では、One Tap BUYにはどのようなメリット・デメリットがあるのかについて解説します。


One Tap BUY(ワンタップバイ)とは

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?金融のプロがメリット・デメリットを徹底分析!

ワンタップバイ

トヨタ自動車や薬品工業など、身近で業績も安定している優良企業30社が選ばれています。

2.米国株

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?金融のプロがメリット・デメリットを徹底分析!

ワンタップバイ

ニューヨーク証券取引所とナスダックで取引されている個別銘柄から30銘柄を厳選。 アマゾンやアップル、アルファベット(グーグル)など有名企業に投資することができます。

また、日本株では「日経平均株価」、米国株では「S&P500」に連動する ETF も購入できるので、株式市場全体に投資することも可能です。

売買できる日本株・米国株の銘柄
ワンタップバイで売買できる日本株・米国株の銘柄は以下の通りです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?金融のプロがメリット・デメリットを徹底分析!


3.ロボ貯蓄
One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?金融のプロがメリット・デメリットを徹底分析!

ワンタップバイ

2019年5月から始まった新しいサービス。米国市場に上場している株式や社債などを積み立てながら定期的に分配金が入ります。

元本保証ではありませんが、投資信託のように手数料がかからず、年率2.63%~8.7%の利回りが狙えます。

4.CFD

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?金融のプロがメリット・デメリットを徹底分析!

ワンタップバイ

ワンタップバイのCFD取引です。CFDとは差金決済取引のことで、株や債券など現物の受け渡しをしないで、売買の差額だけを決済する取引のことです。ワンタップバイのCFDでは、証拠金の10倍の取引ができます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

マネタスの記事をもっと見る 2019年6月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。