【スルガ銀行の不正融資】問題の内容・経緯・実態をFPがわかりやすく解説

【スルガ銀行の不正融資】問題の内容・経緯・実態をFPがわかりやすく解説
       

https://manetasu.jp

不動産投資などの投資をしている人であればスルガ銀行という名前を聞いて知らない人はいないでしょう。

不動産投資ローンといえばスルガ銀行といっても過言ではないくらい、不動産投資においてスルガ銀行でローンを組んでいる人はたくさんいます。

そんな中、昨年テレビ番組の取材などによって世に知られることになったスルガ銀行の不正融資に関する問題は、不動産業界・投資業界全体に大きな衝撃を与えました。

その衝撃が一時的なものにとどまらず、不動産価格の下落に大きく影響する可能性すら出てきていることをご存知でしょうか。

本記事では、スルガ銀行に端を発した不正な融資に関する問題の概要や原因、今後の不動産投資業界全体に与える影響や理由について解説したいと思います。


スルガ銀行不正融資問題の大まかな概要

【スルガ銀行の不正融資】問題の内容・経緯・実態をFPがわかりやすく解説

スルガ銀行が起こしたあるまじき貸付けの問題とは、スルガ銀行が投資を目的として物件を購入する個人に対してする融資の際に、ローンを組む際の審査の基準を満たしていない案件について通帳のコピーなどの審査書類を騙すつもりでに偽造したり、偽造してくださいと不動産会社に指示を出したりといった形で、不正に貸付けが行われていた問題のことです。

例えば、1億円のアパートを不動産投資でローンを組んで購入しようと考えた場合、物件価格の1割である1,000万円程度は自己資金として本人が預金している必要があります。


当時の記事を読む

マネタスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「【スルガ銀行の不正融資】問題の内容・経緯・実態をFPがわかりやすく解説」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    悪い銀行だな?静岡県は法曹もおかしい、静岡県弁護士会では訴額を相続税評価額で算定する詐欺紛いの行為が横行しているそうだ。更に沼津では地裁ですら間違った訴額を訂正しないらしい。

    2
  • 匿名さん 通報

    裁判所内での時報や勧告すら無視する沼津らしいが、不動産訴訟で通常なら固定資産税評価額で訴額算定する所、相続税評価額算定して高額化するなど独特過ぎる訴額が極めて多い。

    2
  • 匿名さん 通報

    「相続税評価額でたっぷり虐めたのにまだバレてない、たっぷり楽しめる」発言の沼津の女法曹だろ?レーダー殺害が得意な女法曹だそうだな?

    1
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。