交通事故の治療に健康保険は原則使える!取り扱いの心得&注意点をFPが解説

  • 過失割合:加害者9、被害者1
  • 損害額:加害者40万円、被害者200万円

仮に、被害者に一切過失がないようなケースであれば、被害者は200万円全額を加害者に対して請求することができます。

ところが、上記のように被害者に1割でも過失割合が認められる場合は、次のように過失相殺がされてしまい、加害者に請求できる金額が減ってしまうのです。

  • 加害者が被害者に請求できる金額:40万円×0.1=4万円
  • 被害者が加害者に請求できる金額:200万円×0.9=180万円

上記を相殺すると、被害者が加害者に請求できる金額は次のようになります。

  • 180万円—4万円=176万円

このように、被害者に過失が1割でもついてしまうと請求できる金額が思った以上に減ってしまうのです。

今回は加害者側の治療費が低額でしたが、万が一高額な治療費がかかったような場合については、過失相殺するとさらに被害者が加害者に請求できる金額が低くなってしまいます。

よって、交通事故の被害者という認識だったとしても、過失割合が少しでもつく場合については、治療費満額の保証が受けられない可能性が出てくるのです。


病院窓口での料金負担は自費なの?

交通事故の治療に健康保険は原則使える!取り扱いの心得&注意点をFPが解説

交通事故で実際に治療を受けるとなると、病院の窓口でどのように精算することになるのでしょうか。

被害者としては交通事故の治療だから、加害者に支払ってもらいたいと考えると思いますが、加害者が病院までついてきてその場で財布からお金を出してくれるわけではありません。


あわせて読みたい

マネタスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。