iDeCoは専業主婦(夫)にもおすすめ?加入するメリット・デメリットをFPが解説!

iDeCoは専業主婦(夫)にもおすすめ?加入するメリット・デメリットをFPが解説!
拡大する(全3枚)

https://manetasu.jp

iDeCoの利用の仕方についてはさまざまな情報がありますが、タイプごとに応じた利用方法については意外と語られることがないように思います。

そこで今回は、その中でも特に語られることが少ないと思われる「専業主婦(夫)が利用する場合」に絞って、iDeCo利用のメリット・デメリットを記載します。


iDeCo(確定拠出年金)の概要

iDeCoは専業主婦(夫)にもおすすめ?加入するメリット・デメリットをFPが解説!

iDeCo公式サイト


専業主婦(夫)がiDeCoで老後資産の受け取りをするメリット

iDeCoは専業主婦(夫)にもおすすめ?加入するメリット・デメリットをFPが解説!

iDeCoナビ

毎月の掛金額は多めに
iDeCoは運用時に運営管理機関利用コストに加え、国民年金基金連合会や信託銀行に毎月171円の手数料を払う必要があります。

一方でiDeCoの毎月の最低投資金額は5,000円です。運営管理機関手数料がゼロのところを利用したとしても、5,000円の投資で最低171円の手数料がかかりますので、手数料が3%強かかることになります。

ですので、金額はできるだけ多めに拠出してコスト負担を軽減したほうが効率的な資産形成ができます。

ある程度高リスク商品を選ぶのも手
1月の最高投資金額は23,000円であり、投資金額の上限が高額とはいえません。そこで積極的に資産を増やすなら、運用開始の当初はある程度高リスクで値上がり益を期待できる商品を選び、受け取りが近づいてくる50代になったら資産を減らさないように安定的な運用に切り替えるのも1つの方法です。


この記事の画像

「iDeCoは専業主婦(夫)にもおすすめ?加入するメリット・デメリットをFPが解説!」の画像1 「iDeCoは専業主婦(夫)にもおすすめ?加入するメリット・デメリットをFPが解説!」の画像2 「iDeCoは専業主婦(夫)にもおすすめ?加入するメリット・デメリットをFPが解説!」の画像3

当時の記事を読む

マネタスの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「国民年金」に関する記事

「国民年金」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「国民年金」の記事

次に読みたい「国民年金」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月21日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。