イケア流、7畳の部屋でもスッキリ暮らす「4つのコツ」

イケア流、7畳の部屋でもスッキリ暮らす「4つのコツ」

これから新生活に向けて一人暮らしをスタートさせる人も多いはず。

食べる、着替える、本を読む、寝るなど、生活のすべてをワンルームで行うことの多い一人暮らし。限られたスペースを有効に活用するにはどうしたらいいのでしょうか。

スウェーデンの家具ブランド「イケア」のインテリアデザインスペシャリスト早雲美菜さんに、7畳の部屋でもスッキリ暮らすコツについて教えてもらいました。


「4つのコツ」で部屋を有効に活用

収納が少なく、手狭な一人暮らしの部屋。そこに収納家具を置けば、部屋はさらに狭くなります。ところが、次の4つのコツを取り入れれば、スペースを有効に活用でき、居心地のいい空間を手に入れることができるといいます。

1. スペースを隅々まで賢く活用する
2. フレキシブルでポータブルなものを選ぶ
3. 多機能な家具でスペースを有効活用する
4. 家で過ごす時間を有効活用し、リラックスして心も体も癒すことのできる環境をつくる


1. スペースを隅々まで賢く活用する

日本のマンションには、梁や柱、エアコンなどがあり、スペースにぴったりはまる家具を探すのはとても大変です。そのため、スペースに合わせてカスタマイズできるモジュール式の家具が重宝するといいます。「モジュール式のワードローブと、伸縮するハンガーレールを組み合わせれば、壁の幅を最大限に活用できます」と早雲さん。収納ボックスなどを使って、引き出しの中を整理整頓すれば、収納力はさらにアップします。


あわせて読みたい

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2019年3月19日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。