管理栄養士おすすめ!納豆ごはんの栄養価を高める「ちょい足し」レシピ

手軽な食材で用意ができて、ササっと食べられる節約ごはん。前回は卵かけごはんの栄養価を高めるアレンジ方法を紹介しましたが、今回は納豆ごはんのちょい足しレシピをご紹介します。

スーパーで特売で売られることも多く、食卓に上る機会が多い納豆。いつもの味にちょっと足すだけで、栄養効果が期待でき、今までとは違った風味を楽しめるアレンジ方法について管理栄養士のももこさんに教えてもらいました。

どんな食材にも合うので、アレンジの幅が広がる納豆ごはん。家事代行サービスのカジーでお料理キャストとして活躍する管理栄養士のももこさんに、味はもちろん、栄養面での効果も期待できるちょい足しアレンジを聞きました。


(1)バター醤油+納豆ごはん

管理栄養士おすすめ!納豆ごはんの栄養価を高める「ちょい足し」レシピ

まずは、熱々のごはんにバターを溶かしてその上に納豆をのせる、バター醤油納豆ごはん。バター醤油の風味が食欲をそそります。バターには、抗酸化作用や皮膚を強くするビタミンA、カルシウムの吸収を助けるビタミンDが含まれています。いつもの納豆ごはんに大さじ1杯のバターを加えるだけで、これらの栄養素も一緒に取ることができます。

ただし、バターの食べ過ぎには要注意。1日10g程度の適量を守らないと、コレステロールの増加につながるおそれがあるといいます。「気になるようなら、バターをアマニ油に替えるのもおすすめ。アマニの香りがして、バター醤油とは違ったおいしさです」とのこと。アマニ油には、血管を強くしたり、悪玉コレステロールを減らす効果が期待できるそうです。


あわせて読みたい

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2019年5月15日の経済記事
「管理栄養士おすすめ!納豆ごはんの栄養価を高める「ちょい足し」レシピ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ナット―キナーゼは熱に弱いので熱々のご飯に乗せると死んじゃうって聞いたような。タンパク質だけなら問題ないだろうけど。

    0
  • 匿名さん 通報

    納豆菌は100℃で10分沸騰させても完全に死滅しないのです。納豆を朝御飯に食べるとキノコやヨーグルト工場など入れません。キノコ菌糸達は負けます。 凍結にも耐えられるそうです。ほぼ最強です。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。