テスト誌のパイオニア「LDK」が目指す雑誌ビジネスの未来

「テストする女性のモノ批評誌」を標榜して創刊し、「テスト誌」という新しいジャンルを作った「LDK」。徹底的な消費者目線の誌面作りが評判を呼び、出版不況・雑誌不況の中、好調な売り上げを維持しています。

誌面では様々な商品を比較検証すべく、毎回専門家を招いて壮大な実験を行っていますが、この度ついに社内にラボを作ってしまったのだとか。

今回はマネープラス編集部が、2019年2月にオープンした検証専用テストラボ「LAB.360(ラボドットサンロクマル)」に潜入取材しました。


専門家を呼んで出版社内にラボまで設立

今回案内してくれたのは晋遊舎のLAB.360・松下和矢室長とLDK事業部部長兼LDK Web担当・木村大介編集長のお二人。

「LDKの創刊前は『女MONOQLO』なんて言ってたんですけどね」と振り返る木村さんは、同社の雑誌「家電批評」「MONOQLO」を経て、2013年の「LDK」創刊時から関わり、2018年創刊の「LDK Beauty」の編集長も務めた、ある意味「テスト誌畑」のエキスパート。「LDK」の部数は現在20万部で、雑誌業界の中では珍しく売れ行きを伸ばし続けています。

テスト誌のパイオニア「LDK」が目指す雑誌ビジネスの未来

LAB.360・松下和矢室長とLDK事業部部長兼LDK Web担当・木村大介編集長

そのLDKが自社内に検証専用ラボを持ち、ここを中心とした検証作業を行うことを始めました。社内でも調査できるスペースはありましたが、「結構な額」(松下さん)を投資し、撮影もできる大掛かりなリノベーションを行ったのです。


あわせて読みたい

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2019年5月17日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。