駅構内のコインロッカーが一斉値上げの理由 従来より100円上乗せ

記事まとめ

  • JR東日本や東京メトロなど、都内の駅コインロッカーが価格を一斉改定している理由は何なのか。
  • JR東日本エリアの駅、東京メトロ、都営地下鉄などの一部のコインロッカーで100円値上げされている。
  • 値上げの背景には、コインロッカーの大型化、ロッカー点検にかかる人件費の増加などがあげられている。

駅構内のコインロッカーで一斉に値上げが進む裏事情

人件費や原材料費の高騰や、10月に予定されている消費増税を前に、身の回りの商品やサービスの値上げが相次いでいます。そんな中、鉄道駅構内に設置されているコインロッカーも値上げしていることがわかりました。

JR東日本や東京メトロなど、都内の駅コインロッカーが2019年春ごろから価格を改定。なぜ一斉に価格改定をしたのでしょうか。その背景を探ります。


従来の利用料金に100円上乗せ

JR東日本エリアの駅コインロッカーを管理するJR東日本リテールネットは、大型サイズのコインロッカー(600円~)の利用料金を100円値上げ。エリア内の全駅が対象で、4月末までに都内の駅は値上げが完了しました。小型と中型の料金は据え置きです。

東京地下鉄(東京メトロ)は、コインロッカーを設置している107駅で、5月7日から順次価格を改定を進めています。小型サイズのロッカー利用料金(300円)を100円値上げし、中型、大型の料金は据え置き。PASMO対応型のみが対象となり、鍵式タイプの料金の変更はありません。

都営地下鉄のコインロッカーも、全駅の計130台について5月中旬から順次値上げします。200円、300円の小型ロッカーの利用料金がそれぞれ100円上がります。中型、大型のロッカーについては、東京メトロと同様、料金の変更はありません。

駅構内のコインロッカーで一斉に値上げが進む裏事情

都内の駅構内コインロッカーの価格改定一覧


値上げとインバウンドの意外な関係

JR東日本リテールネットのコンビニエンス営業部担当者は、今回の料金変更の理由について「JRと連携して進めているコインロッカーの大型化が背景にある」と説明します。近年、訪日外国人(インバウンド)などによる大型サイズのロッカーの使用が増えているからです。


あわせて読みたい

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2019年5月16日の経済記事
「駅構内のコインロッカーで一斉に値上げが進む裏事情」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    何でもかんでも値上げ。給料だけ上がらず。

    4
  • 匿名さん 通報

    人件費や原材料費の高騰とかの これは本当の便乗値上げだよな 国民をバカにするにもいい加減にしろ!!

    4
  • 匿名さん 通報

    カード決済。儲かるのはモノを生み出さずIOだけで値上げするぼったくりカード管理会社だけ。変更も容易(数字をぽちっとな)だからホイホイ値上げしていく。まったく頭を使わない。バカだらけの国日本。

    1
  • 匿名さん 通報

    PASMOとかだと時間切りで値段を変えられないのかな?それをするだでも回転率が良くなると思うけどな。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。