トランプ次第の株式市場で投資のヒントになる“ある指標”

米中貿易戦争が激化する中でも、日経平均株価は年初から緩やかな上昇基調が続いています。年初に1万9,655円で取引を開始した日経平均株価は、5月23日時点で2万1,151円と、年初から8%ほど上昇した水準となっています。

一方で、個人投資家の間では、米中貿易戦争に対する懸念が強く、投資姿勢は極めて慎重です。松井証券店内の「信用買い残高」の推移を見てみると、2018年初の2,562億円から1,881億円に減少しており、積極的にリスクを取りに行く気配は見られません(2019年5月21日時点)。

それではなぜ、日経平均株価は上昇しているのでしょうか。その謎を解くカギとして、このところ話題となっている指標に「NT倍率」というものがあります。


NT倍率の上昇が意味するもの

NT倍率とは、日経平均株価をTOPIX(東証株価指数)で除した数値です。日経平均株価がTOPIXより優勢に推移すれば上昇、劣勢となれば低下します。このNT倍率が、このところ大きく上昇しているのです。

トランプ次第の株式市場で投資のヒントになる“ある指標”

TOPIXは、東証1部に上場する全銘柄の時価総額の変化を指数化したもの。一方、日経平均株価は、指数に採用されている225銘柄の単純平均株価(除数により修正)です。

そのため、構成比に偏りがあり、日経平均株価ではファーストリテイリングが11.5%、ソフトバンクグループが5.3%、ファナックが3.2%と、上位3銘柄で2割近くを占めています(2019年5月23日時点)。


あわせて読みたい

気になるキーワード

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2019年5月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。