もうすぐ定年58歳男性「退職金を含む運用方針を教えて」

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は内藤忍氏がお答えします。

転勤族のため、30年間社宅住まいで現在も社宅に入居中です。過去に都内にマンションを取得しましたが、その後、関西に転勤することが決まり、一昨年に都内のマンションを売却しました。売却金は全額、投資信託で運用中です。もうすぐ60歳になり、定年退職したら社宅からも退去します。現在、夫婦二人暮らしで、二人とも健康です。定年退職後、退職金を含む資産全体の運用方針についてアドバイスをお願いします。

〈相談者プロフィール〉
・男性、58歳、既婚(妻:56歳・パート)、子ども2人(ともに独立)
・職業:会社員(金融・一部上場)
・手取り世帯年収:1,080万円
 夫:1,000万円
 妻:80万円

〈資産〉
・投資信託:3,000万円
・定期預金:900万円
・一時払終身:300万円
・退職金:4,000万円予定(60歳)

〈60歳以降の収入等について〉
・現在の会社に年収250万円程度で65歳まで再雇用される予定
・確定拠出年金:1,300万円(60歳で引出して運用したい)
・62歳からの年金収入:年間約180万円
・65歳からの年金収入:年間約500万円(国民年金・厚生年金、企業年金基金)

内藤:仕事をリタイヤして収入が減少していくシニア世代にとって、一番心強いのは定期的なインカム収入だと思います。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。