「いざなぎ超えの好景気」でも私たちの実感が薄い理由

「いざなぎ超えの好景気」でも私たちの実感が薄い理由

11月15日に内閣府が公表した今年7~9月期のGDP(国内総生産)速報。GDP成長率は前期比で実質+0.3%(年率+1.4%)と、7四半期連続でプラス成長となりました。茂木敏充経済財政・再生相も同日の記者会見で「景気は緩やかな回復基調が続いているとの認識に変わりはない」と評価しています。

一方で、GDPの速報値が市場予測を若干下回ったことを材料に、日経平均株価は6営業日続落となりました。続落期間としては1年半ぶりの長さとなり、今年最長を記録したことからニュースなどでも取り上げられました。

はたして、足元の景気は好調を維持しているのか、あるいは、勢いが鈍化してきているのか。速報値の中身を読み解くことで、景気の実際の姿を浮かび上がらせたいと思います。


GDP速報とは何なのか

GDP速報はQE(Quarterly Estimates)とも呼ばれていて、わが国の景気や経済全体の動きを表す指標として、公表直後の株価や為替レートの変動要因になることがあります。

内閣府はGDP関連の統計を作成する過程で早期に入手・集計できた計数を使って、推計値としてGDP速報を作成しています。たとえば、個人消費の額は鉱工業指数などの大まかなデータを使って推計しています。また、設備投資額も速報段階では法人企業統計が出そろっていないため、供給側の販売情報から推定するという手法を取っています。

こうした「推計値」の性格上、その後に公表された統計を勘案した改定値になると数字が大幅に変わることがあるため、この「改定値」にも注目が集まります。実際、9月に公表された2017年4~6月のGDPの改定値は、約1ヵ月前に公表された速報値から年率換算で1.5ポイントも下方修正され、株価下落の要因になりました。

あわせて読みたい

記事提供社から

「「いざなぎ超えの好景気」でも私たちの実感が薄い理由」の みんなの反応 14
  • 匿名さん 通報

    金持ちにしかお金が集まってないからでしょ

    17
  • 匿名さん 通報

    政策で一般家庭が景気向上を実感する事はない。年収が10倍くらいにならないと無理。

    12
  • 匿名さん 通報

    実際のところ年収400万と800万の差って生活レベルではそれほど違いはない。

    10
  • 匿名さん 通報

    子がいてもまあ食えるくらいのレベルが800万。

    9
  • 匿名さん 通報

    そんなに好景気ならベーシックインカムを導入すりゃいいのに…。いまある社会矛盾の多くを解決できるのはベーシックインカムしかない。

    9
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。