ソフトバンク「駐車場シェア」参入が想像以上にアツい理由

ソフトバンクが4月5日、今夏にも駐車場シェアサービス事業に参入すると発表しました。このサービスはAirbnb(エアビーアンドビー)で注目される民泊の、駐車場版のサービスといえるものです。

自分の駐車場を他人に時間貸しできるサービスなのですが、いったいどれくらいの需要があるのでしょうか。新しいビジネスチャンスの可能性を探ってみたいと思います。


駐車場シェアのメリットは?

シェアサービスの代表例を挙げますと、エアビーアンドビーに代表される民泊が「空き部屋をシェアするサービス」、ウーバーに代表される配車サービスは「車と運転手の空き時間をシェアするサービス」です。ほかには、都市部での自転車シェアなどが注目されています。

ソフトバンクが参入する駐車場シェアは、駐車場の空き時間をシェアする新しいタイプのサービスのようです。

たとえば毎日、車で出勤をする方の場合、朝、家を出てから、夜、帰宅するまでの間、自宅の駐車場はただの空きスペースになっています。この空いた時間を時間貸し駐車場として利用することができれば、思わぬ副収入が生まれる可能性が出てきます。

ソフトバンクはこのサービスを、流行のIoT(モノのインターネット)を使って提供を始めるといいます。ソフトバンクが提供する磁気センサーとカメラ付きセンサーを駐車場に設置することで、駐車場の持ち主が第三者に自分の駐車場を貸し出せるようになるというわけです。


駐車場シェアが難しかった理由

...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2018年4月9日の経済記事
「ソフトバンク「駐車場シェア」参入が想像以上にアツい理由」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    既にリクルート、タイムズ、三井リパーク等多数の企業がやってますが。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。