“優待銘柄”だったイオン株が“有望銘柄”に変貌したワケ

イオンは株主優待が魅力的で、個人投資家に人気の銘柄です。ただこれまでは、業績はイマイチというイメージが付きまとっていました。

ところが、2018年2月期の連結経常利益は前期比14.1%増の2,137億円と、ついに過去最高益を更新しました。続く2019年2月期の経常利益も会社予想ベースで同12.3%増の2,400億円と、最高益更新が続く見通しです。

グループ会社の再編にコストがかかるので、連結純利益はまだ最高益に届いていませんが、再編が完了すれば、いずれ純利益も最高益を更新すると予想されます。イオンは株主優待だけでなく、業績でも評価できる銘柄になったと考えています。

いったいイオンにどんな変化が起きたのでしょうか。これまでの歩みと今後の展望を分析してみます。


全セグメントが黒字化

イオンやイトーヨーカ堂などの大手スーパーは、長らくユニクロ無印良品、ニトリなどの専門店や、セブンイレブン、ローソンなどのコンビニに売り上げを奪われて苦戦していました。大手スーパーや百貨店といった総合小売業が衰退し、専門店が成長する時代がずっと続くイメージを持たれていました。

しかし、イオンの2018年2月期決算は、大手スーパーがコンビニに対抗して成長するビジネスモデルを完成したと思わせる内容でした。象徴的だったのは、イオングループの全セグメントが黒字化したことです。同社のセグメント情報で見てみましょう。

“優待銘柄”だったイオン株が“有望銘柄”に変貌したワケ

同社の中核ビジネスは、GMS(総合スーパー)でした。しかし今は、そこが稼ぎ頭となっていません。2017年2月期まで赤字でしたが、2018年2月期にようやく黒字となった程度です。イオンのショッピングセンターに行けばわかりますが、総合スーパーはもはや自前の売り場だけで稼ぐビジネスモデルではないのです。

...続きを読む

あわせて読みたい

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2018年4月27日の経済記事
「“優待銘柄”だったイオン株が“有望銘柄”に変貌したワケ」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    金融に支えられている気がするが。。。

    1
  • 匿名さん 通報

    散歩がてらにイオンラウンジによく行くが、最近は店内客が増えているように感じる。業績が良いむのもうなづける。一方、イトーヨーカドーが冴えない。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。