JRの旅客営業規則を熟知すれば「おもしろ列車旅」が楽しめる!

JRの旅客営業規則を熟知すれば「おもしろ列車旅」が楽しめる!

国鉄時代、営業キロが101キロメートル以上の普通乗車券は、何度でも途中下車ができました。例えば、新宿駅(東京)から松本駅(長野)までの普通乗車券であれば、途中の甲府駅や上諏訪駅で下車し、甲州名物のほうとうや温泉、歴史散策などが楽しめました。

しかし、国鉄分割民営化以後は基本となる「旅客営業規則」の改訂が実施され、新宿駅から松本駅までの普通乗車券では途中下車前途無効となっています。これらの規則の改訂を知らない人も多く、途中下車しようと思っていた駅で改札外に出られずに当惑することもあります。

今回はJRの「旅客営業規則」に記載される「大都市近郊区間内の途中下車」のデメリットと対応方法、メリットとして活用する車窓の旅をご案内します。


JRの「旅客営業規則」とは?

現在のJRの「旅客営業規則」は国鉄時代に定められたものを継承したもので、JR各社の実情などに合わせ、随時改訂が行われています。JR化後でも規則の改訂が行われていますので、昨日まで可能であったことが、今日から不可能となることもあります。

JRの駅の窓口などに常備されている市販の「JR時刻表」の巻末には、「きっぷあれこれ」として「旅客営業規則」を分かりやすく説明した頁があります。ここを読めば大まかなJRのきっぷの規則について理解できますが、元となる「旅客営業規則」はJRのホームページで閲覧することができます。

今回のテーマの「途中下車」については第156条に記載されていますが、さらに重要なポイントになるのが第157条の「選択乗車」です。各条文を引用した表記も多いので一読してわかるものではありませんので、まずは「JR時刻表」の巻末から読むのが良いでしょう。

...続きを読む

あわせて読みたい

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2018年8月11日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。