扶養内で働く主婦がiDeCoに拠出、知っておきたい年収の壁

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ。今回は花輪陽子氏がお答えします。

年収130万以内のパートで働き、主人の扶養に入っています。税金の支払いとiDeCoについて教えてください。年収を103万円に抑えている場合と130万円まで働いた場合で税負担に違いはあるのでしょうか。また、iDeCoに月2万3,000円を拠出する場合、年収103万円と130万円では税金や社会保険料の負担に違いはありますか。

〈相談者プロフィール〉
・女性、54歳、既婚(夫:会社員)、子ども2人(大学生)
・職業:パート・アルバイト
・居住形態:持ち家戸建て
・手取りの世帯年収:1,000万円
・毎月の支出目安:50万円
・貯金:1,500万円
・投資:700万円

花輪:どうせ働くなら効率よく手取りを増やしたいものです。夫の扶養から外れないよう気をつけながら自分の税金を減らし、手取りを最大限にしたいのではないでしょうか。


住民税と所得税、年収いくらから課税?

まず、妻自身が支払う住民税、所得税等のラインを確認しましょう。

年収103万円で企業でパートで働く場合、給与所得控除65万円と基礎控除38万円を使うことができるので、所得がゼロになります。年収103万円を超えて働く場合は、課税される所得金額が195万円以下であれば税率は5%です。

あわせて読みたい

気になるキーワード

MONEY PLUSの記事をもっと見る 2018年10月17日の経済記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。