スマホ求人「LINEキャリア」スタート、企業からのダイレクトオファーも視野に

スマホ求人「LINEキャリア」スタート、企業からのダイレクトオファーも視野に
 エン・ジャパンとLINEの共同出資による新会社LENSA株式会社は、転職求人情報サービス「LINEキャリア」の提供を開始した。今後予定されている機能には「企業からのダイレクトオファー」もある。

■エン・ジャパンとLINEの合弁会社が運営

 近年の転職求人市場は、有効求人倍率(有効求職者数に対する有効求人数の比率)が1.63倍と高い数値を記録しており、企業は慢性的に人手不足に陥っている(データは厚生労働省「一般職業紹介状況」平成30年8月分)。

 エン・ジャパンとLINEはそれらの課題を解決し、求人情報をより多くの人に提供するため、2018年4月合弁会社「LENSA株式会社」を設立。10月22日、「LINEキャリア」をスタートした。

■企業からのダイレクトオファーも可能に

「LINEキャリア」は、全国の転職・求人情報をLINE上から閲覧・応募することが可能な転職情報サービスで、ユーザー(求職者)は、転職情報を新たなアプリをインストールすることなく閲覧できる。「LINEキャリア」の公式アカウントのトーク上で希望求人条件を簡単に登録することができ、「LINEキャリア」内での検索履歴に応じて、ユーザーに合う求人情報を紹介する。

 エン・ジャパンが運営する「エン転職」との連携によって、掲載求人情報をすべて「LINEキャリア」内に掲載。求人原稿情報だけでなく、社員・元社員の本音でのクチコミもそのまま掲載される。

 今後は、エン・ジャパンの採用支援ツール「engage」をはじめ、エン・ジャパンが運営するその他求人情報サービスとの連携、「LINE」内トークのみでのweb履歴書作成、求人閲覧、検索、応募が可能になるほか、企業からのダイレクトオファー機能も追加される予定だ。

【関連記事】
企業の人手不足感、IT業界は7割超 労働者派遣業者も人手不足で倒産
企業の賃上げ理由「社員引き留めのため」50.8%で最多 止まらない「人材不足倒産」
リクルート、グラスドアの買収完了、売上収益の見込みを上方修正

■記事全文へ

あわせて読みたい

MONEYzineの記事をもっと見る 2018年10月22日の経済記事をもっと見る
「スマホ求人「LINEキャリア」スタート、企業からのダイレクトオファーも視野に」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    無能キャリアどものぼったくりメール戦術の隙間産業から出てきた韓国データパクリ会社が1アプリでここまでのさばるとは。しまいにはキャリアまで迎合してる。キャリアの罪は重いですよ。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。