LINEの300億円祭で必須の「本人確認」とは?

LINEの300億円祭で必須の「本人確認」とは?
 「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」を展開中のLINEとLINE Pay。友だちからもらった「LINE Payボーナス」を使えるようにするには「本人確認」が必要。これはどのようなものなのでしょうか?

■900万人以上のユーザーにボーナスが送付された

 現在、展開中のキャンペーン「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」では、全体で300億円相当分を上限に、1000円相当の「LINE Pay ボーナス」をLINEの友だちに送ることができる。「LINE Pay ボーナス」は銀行口座への出金やATMでの引き出しは不可。LINE Payでの支払いや送付にのみ利用できる。ボーナスを受け取った人は6月30日23:59までにLINE Payの利用登録と本人確認の受付を完了する必要がある。

 LINEによると、キャンペーン開始から約1日で総額300億円相当分のうち90億円相当分が、LINEユーザーの手によって900万人以上(5月21日18時時点)の友だちに送付されたという。

 しかし、ボーナスを利用可能にする手続き「本人確認」にとまどっているユーザーも多いようだ。これを理解するにはLINE Payのサービスの構造を理解する必要がある。

■LINEの本人確認とは?

 LINE Payではユーザーに対し、本人確認前の「LINE Cash」(前払式支払手段)、本人確認完了後の「LINE Money」(資金移動業)という2種類のアカウントを提供している。本人確認が完了することで、アカウント残高のチャージ上限額が10万円から100万円に拡大したり、LINEの友だちへの送金、銀行口座やATMへの出金が可能になったりと、LINE Payを利用できる幅が広がるようになっているのだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

MONEYzineの記事をもっと見る 2019年5月22日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。