モダンな桐製アイテム、シンプルなコーヒー入れや悪代官の気分が味わえるからくり桐箱

モダンな桐製アイテム、シンプルなコーヒー入れや悪代官の気分が味わえるからくり桐箱
「桐CUBE」コーヒーキャニスターと芝浦工大の学生によるデザインコンペの様子
 桐といえば、高級タンスの素材として知られているが、その美しさや機能を活かした、新しい、そしてユニークなアイテムが登場している。

 気密性の高さや調湿性、防虫性などの特徴を持つ桐(きり)材は、古くからタンスや高級品の収納箱に用いられてきた。最近は、その良さを生かしながら今風のセンスや工夫を施したアイテムが登場している。

 関根桐材店(埼玉県本庄市)が販売する「桐CUBE」は、芝浦工業大学デザイン工学部とのコラボレーションから生まれたもの。桐の素材感とマッチしたシンプルながら美しいデザインのこのボックスは、米びつ(5,000円~15,000円、抜)とコーヒーキャニスター(3,000円、税抜)の2つをラインナップ。カラーバリエーションも美しい。米びつでは密封性を高めて酸化を防ぐ落としブタ付き。伝統工芸の技と学生たちの若い感性の融合ともいえる同商品で、桐材の特徴が実感できそうだ。

「桐CUBE」コーヒーキャニスターと芝浦工大の学生によるデザインコンペの様子

 福岡生まれの桐製品は、家の形をしたブックエンド「本の家 ブックハウス」。とんがり屋根のおうちのシルエットを模した、本を整理するのにうってつけの収納アイテムだ。「M雑誌(3,240円・税込)」なら、A4サイズの本や雑誌を立てて収納できる。 増・改築をしたい人向けには「ブックルームス」もある。小物類の収納用、引き出し前面に階段のイラストが描かれた「階段・引き出し(3,780円・税込)」など種類は4つ。「本の家 ブックハウス」と組み合わせれば、独自のインテリア空間を作ることができる。販売するのは増田桐箱店(福岡県古賀市)。

あわせて読みたい

MONEYzineの記事をもっと見る 2019年6月23日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。