SBI証券、米国株式の最低取引手数料の無料化(撤廃)を発表

SBI証券、米国株式の最低取引手数料の無料化(撤廃)を発表
手数料引下げの概要(インターネットコース、2019年7月22日以降、税抜き 予定)約定代金の0.45%が0.01米ドル(1セント)未満の場合は、切捨てで手数料無料
 マネックス証券、楽天証券による米国株式の最低取引手数料の引き下げ競争。ここにSBI証券も参戦し、「無料化」を発表した。

 SBI証券は7月9日、米国株式の最低取引手数料を従来の5米ドルから無料にすると発表した。対象となるのは、7月22日現地約定分(予定)から。

 米国株式の最低取引手数料については、7月4日にマネックス証券が米国株取引の最低手数料を5米ドルから10セントに引き下げると発表。すると翌日の7月5日に、楽天証券が5米ドルから1セントにすることを発表。これを受けて、マネックス証券は7月8日、さらなる値下げを発表し、楽天証券と同じく、手数料を1セントに改定すると発表していた。

手数料引下げの概要(インターネットコース、2019年7月22日以降、抜き 予定)
約定代金の0.45%が0.01米ドル(1セント)未満の場合は、切捨てで手数料無料

 ネット証券で米国株の取引が可能な3社のうち、SBI証券の対応に注目が集まっていたが、7月9日、同社は手数料の無料(撤廃)を発表した。SBI証券が作成した、7月9日時点での主要ネット証券の手数料比較表は以下のとおり。

主要ネット証券3社との米国株式取引 手数料比較(2019年7月22日以降、税抜き)

 SBI証券の米国株式取引サービスでは、顧客が保有する米国株式(ADRを含む)および米国ETFを同社に貸し出すことで、保有株式を売却することなく、貸し出した株式に応じた貸株金利を受け取る「米国貸株サービス」や、SBI証券が取り扱う米国株式(ADRを含む)、米国ETFを、毎月指定の日にあらかじめ設定した金額内または株数(口数)で定期的に買付する「米国株式・ETF定期買付サービス」などがある。

【関連記事】
米国株取引の最低手数料、マネックス証券と楽天証券は5ドルから1セントに大幅値下げ
SBI証券が「Tポイントプログラム」導入、各種取引でTポイントをためる・使えるが可能に
マネックス証券、ポイントから仮想通貨への交換をスタート

■記事全文へ

あわせて読みたい

気になるキーワード

MONEYzineの記事をもっと見る 2019年7月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。