食器洗機や宅配ボックスもポイントの対象に、上手に利用したい住宅リフォームの負担軽減措置

食器洗機や宅配ボックスもポイントの対象に、上手に利用したい住宅リフォームの負担軽減措置
 2019年の国内のリフォーム市場は、消費税率引き上げ前の受注残に加え、反動減対策の次世代住宅ポイントなどの影響もあり底堅く推移しそうだ。

 株式会社矢野経済研究所は4月から6月にかけて、住宅リフォーム関連事業者などを対象に「国内住宅リフォーム市場」調査を実施した。2018年の住宅リフォーム市場規模は前年比0.9%減の6兆2,178億円と推計。過去の市場規模の推移は、2002年には約7兆2,000億円で推移していたが、2009年にかけて約5兆3,000億円まで縮小した。その後、2013年に約6兆9,000億円まで回復したものの、そこから弱含みながら横ばいで推移している。

 2019年の住宅リフォーム市場規模は、2018年に西日本で多発した自然災害に伴う修繕工事の受注残や、10月に予定される消費税率引き上げを見据えて積み上げた中型から大型リフォームの駆け込み需要の引き渡し、消費税率引き上げによる反動減対策の次世代住宅ポイント制度などの影響で、前年比4.8%増の6兆5,000億円に拡大すると予想されている。また、2020年の同市場は6兆4,000億円に縮小するものの、2025年には6兆9,000億円と予想され、今後も底堅く推移すると予想されている。

 住宅リフォームにはさまざまな負担軽減措置が用意されており、うまく活用すれば消費者の負担を軽減させることができる。次世代住宅ポイント制度もその1つで、消費税率10%が適用される一定の省エネ性、耐震性、バリアフリー性能等を満たす住宅や、家事負担の軽減に資する住宅の新築やリフォームをした消費者に対し、さまざまな商品と交換できるポイントが発行される。発行されるポイントはリフォームの内容などによって異なり、1申請あたり2万ポイント未満の場合にはポイントの発行申請ができない。

あわせて読みたい

気になるキーワード

MONEYzineの記事をもっと見る 2019年7月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら