個人の投資スタイル、「リスクを負っても積極的投資」じわり増加

個人の投資スタイル、「リスクを負っても積極的投資」じわり増加
 J.D. パワー ジャパンが行った個人の資産運用の満足度調査で、「リスクを負っても積極的に投資する」が7ポイント増となるなど、この数年で投資スタイルに変化が見られた。

■投資の傾向はどう変わったか

 J.D. パワー ジャパンは、2019年個人資産運用顧客満足度調査の結果を発表した。以下のグラフは、投資目的の推移を2012年、2015年、2019年でまとめたもの。

 同社は、はじめて調査を行った2012年の調査データと今年の調査データを比較し、顧客の意識や行動の変化を分析している。投資の目的では「老後の生活資金」は14ポイント増、「資産のリスク分散」は6ポイント増、「普通・定期預金の金利が低い」は5ポイント増。一方、「特に目的はないが資産を増やすため」は6ポイント減っている。

 投資性向では、「リスクを負っても積極的に投資する」が7ポイント増、「極力リスクを避け慎重に投資する」が8ポイント減となっている。

 顧客満足度の観点でみると、「資産のリスク分散」を目的にしている顧客の総合満足度スコアが610ポイントであるのに対し、「老後の生活資金」を目的としている顧客の総合満足度スコアは601ポイントだった。

 このことから、分散投資に向けたポートフォリオ構築はできているものの、老後に向けた資産形成については、投資期間やリスク許容度を踏まえた顧客の目的に合った提案が十分行われていないことが考えられるとJ.D. パワー ジャパンは指摘する。

あわせて読みたい

MONEYzineの記事をもっと見る 2019年8月1日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら