結婚した人のうち「婚活サービス」利用者は3割超で過去最高、使っているのは「ネット系」

結婚した人のうち「婚活サービス」利用者は3割超で過去最高、使っているのは「ネット系」
 2018年に結婚した人の32.3%が婚活サービスの利用経験があり、婚活サービスを通じて結婚した人の割合は12.7%となった。アプリやサービスに対する印象は、男女や利用の有無で異なっている。

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズが運営するリクルートブライダル総研は7月30日、「婚活実態調査2019」を発表した。調査期間は、1次調査が2019年5月20日から27日。2次調査が2019年5月27日から5月31日。

 20代から40代の男女5万名を対象にした1次調査の結果によると、2018年に結婚した人のうち、婚活サービスを利用していた人は32.3%となり、2000年以降で過去最高を記録した。また、婚活サービスを通じて結婚した人の割合は12.7%で、内訳は「ネット系婚活サービス」が7.4%、「婚活パーティ・イベント」が2.9%、「結婚相談所」が2.4%だった。

 続いて、独身者を対象に婚活サービスの利用状況を聞くと、利用経験者は23.5%となり、前回調査の18.1%から上昇した。婚活サービスごとの利用経験割合(複数回答)は、「ネット系婚活サービス」が16.5%で前回比4.5ポイント上昇して全体を底上げしたほか、「婚活パーティ・イベント」が同0.8ポイント上昇して9.2%、「結婚相談所」が同0.8ポイント上昇して5.5%になった。

 20代から40代の独身男女2,400名を対象にした2次調査では、利用経験別に婚活サービスに対するイメージを聞いた。「今後、婚活・恋活サービスを利用する人が周りで増えていきそうか」と聞くと、「そう思う(非常にあてはまる/あてはまるの合計・以下同じ)」と回答した人は、利用経験者で55.6%、非利用者で32.3%だった。

あわせて読みたい

MONEYzineの記事をもっと見る 2019年8月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら