7月の訪日客数、中国が初の100万人超え、韓国・台湾・香港は減少

7月の訪日客数、中国が初の100万人超え、韓国・台湾・香港は減少
 日本を訪れる旅行者数は相変わらず好調だが、韓国・台湾・香港はそれぞれ前年同月比を下回った。一方、国内旅行会社の業績は堅調に推移しているようだ。

 日本政府観光局が8月21日に発表した「訪日外客数 2019年7月推計値」によると、7月の訪日外客数は299万1,000人で、前年同月を16万人以上上回り、単月として過去最高を記録した。

 市場別で最も多かったのは、単月としてはじめて訪日外客数が100万人を突破した「中国」で、前年同月比19.5%増の105万500人だった。以下、「韓国」が同7.6%減の56万1,700人、「台湾」が同0.3%減の45万9,200人、「香港」が同4.4%減の21万6,800人、「米国」が同6.9%増の15万6,900人で続いた。

 韓国については、韓中関係の改善による中国への渡航需要の回復、旅行先としてベトナムが人気になるなど海外渡航先が多様化していること、韓国経済の低迷に加えて、最近の日韓情勢もあり、訪日旅行を控える動きが発生し、訪日者数は前年同月を下回った。

 台湾は、地方への新規就航や増便、チャーター便の運航による航空座席供給量の増加があったものの、航空会社のストライキの影響があり、訪日者数は前年同月を下回った。

 香港は、新規就航や増便等による航空座席供給量の増加はあるものの、7月1日の祝日を含む3連休に伴う旅行需要の一部が6月に移ったこと、景況感の悪化や台湾、タイなど安価に楽しめる旅行先が好評であることもあり、訪日者数は前年同月を下回った。

あわせて読みたい

MONEYzineの記事をもっと見る 2019年8月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら