幼児教育・保育の無償化スタート、浮いたお金の使いみち1位は「子どものための貯蓄」

幼児教育・保育の無償化スタート、浮いたお金の使いみち1位は「子どものための貯蓄」
 10月から幼児教育・保育の無償化がスタート。多くの保護者が浮いたお金を「子どものための貯蓄」に回したいと考えていることがわかった。

 消費税率引き上げに合わせ、10月から幼児教育・保育の無償化がスタートし、幼稚園、保育所、認定こども園などを利用する3歳から5歳児クラスまでの子どもの利用料が無償化された。無償化の期間は、満3歳になった後の4月1日から小学校入学前までの3年間で、幼稚園については、入園できる時期に合わせて満3歳から無償化する。

 無償化の上限は、幼稚園については月額2万5,700円まで。また、住民税非課税世帯の0歳から2歳までの子どもの利用料が無償化されたほか、2人以上の子供がいる世帯の負担を軽減するために現行制度を継続し、保育所などを利用する最年長の子どもを第1子とカウントして、0歳から2歳までの第2子は半額、第3子以降は無償となる。

 幼稚園の預かり保育については、住んでいる市町村から「保育の必要性の認定」を受ける必要があり、原則、通っている幼稚園を経由しての申請となる。幼稚園の利用に加えて、利用日数に応じて最大で月額1万1,300円までの利用料が無料になる。

 認可外保育施設や一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業などは、住んでいる市町村から「保育の必要性の認定」を受ければ、3歳から5歳までの子どもは月額3万7,000円まで、0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子どもは月額4万2,000円までの利用料が無償化される。

あわせて読みたい

MONEYzineの記事をもっと見る 2019年10月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら