オープニング興収1億5300万ドルを記録! 初の女性ヒーロー投じたマーベルの戦略とは?

オープニング興収1億5300万ドルを記録! 初の女性ヒーロー投じたマーベルの戦略とは?

『キャプテン・マーベル』
(C)Marvel Studios 2019


ヒーロー同士の世界観を広げるマーベル
VS ヒーローの単独性を強めるDC

3月15日から公開される『キャプテン・マーベル』はマーベル初の女性ヒーロー映画。一足早く公開されたアメリカではオープニング興収が1億5300万ドルを記録する大ヒットとなっている。

・「卒業」へのカウントダウンが始まる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』今後のマーベル映画の展望は?

本作はまた4月26日公開の『アベンジャーズ/エンドゲーム』につながる物語だ。『エンドゲーム』は、08年『アイアンマン』から始まったマーベル映画の人気を牽引したアイアンマン、ハルク、ソー、キャプテン・アメリカの“第1世代”が卒業すると発表されており、マーベル映画の節目となる作品だ。

夏の新作『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』からマーベル映画は新たなステージに入る。今のところ、来年以降どんなヒーローが映画化されるか発表はないが、ブラックパンサー、ドクター・ストレンジ、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、キャプテン・マーベルらが主軸になるとみられる。マーベル映画の世界観はつながっており(マーベル・シネマティック・ユニバース/MCU)今後もMCUは広がりを見せるだろう。

一方、DCコミックは新たな展開を見せようとしている。13年『マン・オブ・スティール』がヒットしたことで、16年から本格的に始まったDCの映画化。『

あわせて読みたい

気になるキーワード

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る 2019年3月14日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「X-メン」のニュース

次に読みたい関連記事「X-メン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アントマン」のニュース

次に読みたい関連記事「アントマン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スター・トレック」のニュース

次に読みたい関連記事「スター・トレック」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。