【平成の映画業界を振り返る1】平成初頭にどん底となるも、シネコンとテレビ局効果でV字回復

【平成の映画業界を振り返る1】平成初頭にどん底となるも、シネコンとテレビ局効果でV字回復

6月27日にオープン予定のユナイテッド・シネマ PARCO CITY 浦添

1989年(平成元年)、映画館の年間観客動員数は1億4357万人で始まり、90年に1億4600万人とやや上向いたものの、以降は年々減少。96年に1億1957万人の過去最低を記録する。その後は回復し、2016年に平成で最高の1億8019万人を記録。17年は1億7448万人、18年は1億6921万人と好調を維持している。

・興収200億円級がそろい踏み! 歴代最高記録の更新も!?

映画界が復活を果たした原動力がシネマコンプレックス(シネコン)だ。93年、日本初のシネコン、ワーナー・マイカル・シネマズ海老名が神奈川県海老名市に誕生する。ワーナー・マイカルの成功を見て、他の外資系シネコンや国内の興行会社もシネコン建設に乗り出す。郊外や地方都市など、それまで映画館のなかった地域を中心に建設ラッシュが続き、2004年にシネコンのスクリーン数が既存映画館数を超えた。18年では、全国の映画館スクリーン数は3561、うち3150がシネコンだ。

シネコンは映画館の環境と鑑賞スタイルも変えた。まず、シネコンは新しく建設されるので、既存の映画館よりきれい。女性客や家族客が入りやすくなり、客層を広げた。シネコンには複数のスクリーンがあるため、観客が選べる映画の幅が広がった。座席指定で完全入れ替え制を採用しているため立ち見がなくなり、チケットを求めて並ぶ観客の行列が減少。インターネット予約システムの普及でさらに行列が減った。シネコンではレディースデイやファーストデイなどの割引サービスを導入。さらにポイントカードを導入して、ライトな観客からコアな映画ファンまで満足させるサービスを充実させた。地方の映画館の中には平らな床に座席を配置しているため、前に座る観客の頭でスクリーンが見づらいこともあった。だがシネコンは床の傾斜が大きいスタジアムシートを採用し、見づらさが解消された。シネコンではできたてのポップコーンなど販売する飲食物を充実させるとともに、座席にカップホルダーを設置。飲食しながら鑑賞しやすくなった。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る 2019年4月26日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。