7年連続のシリーズ最高更新も見えた! 前作17%上回る絶好調『コナン』

7年連続のシリーズ最高更新も見えた! 前作17%上回る絶好調『コナン』

『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』
(C)2019青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

ゴールデンウィーク映画の興行ランキングをまとめた。1位は『名探偵コナン紺青の拳(フィスト)』。公開から25日間で興収75.2億円。前作(最終興収91.8億円)を約17%上回るペースで興収を伸ばしており、7年連続でのシリーズ最高更新が見えてきた。

・『アベンジャーズ/エンドゲーム』ディズニー史上最高の大ヒットスタート

劇場版シリーズ初の海外・シンガポールを舞台にして、人気キャラクターの怪盗キッドが劇場版初登場の京極真とぶつかる内容がファンの心をつかんだようだ。ゲスト声優を山崎育三郎と河北麻友子が務めたり、主題歌を三代目 J SOUL BROTHERSのボーカル・登坂広臣がソロで担当するなどの話題性も動員増に貢献した。

2位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』。10連休前日の4月26日から公開され、5月6日までに40.9億円をあげた。前作『インフィニティ・ウォー』の37.4億円を超え、シリーズ最高記録を早々と更新した。

日本でのアメコミヒーロー映画の最高記録『スパイダーマン』(02年)75億円にどこまで迫るか。ちなみにアメリカでは初日3日間で興収3億5710万ドル、世界では12億2360万ドルを上げ、どちらもオープニング歴代新記録を樹立。2週目には世界興収が21億9300万ドルに上り、『タイタニック』を超えて歴代2位となった。1位『アバター』の27億8800万ドルを超えるか注目だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る 2019年5月9日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ターミネーター」のニュース

次に読みたい関連記事「ターミネーター」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マイティ・ソー」のニュース

次に読みたい関連記事「マイティ・ソー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スパイダーマン」のニュース

次に読みたい関連記事「スパイダーマン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。