「淑女であれ、そして自立せよ」を実践、全米で最も尊敬されるワンダーウーマンとは?

「淑女であれ、そして自立せよ」を実践、全米で最も尊敬されるワンダーウーマンとは?

ジムでトレーニングに励むルース・ベイダー・ギンズバーグ/『RBG 最強の85才』
(C)Cable News Network. All rights reserved.

『RBG 最強の85才』
ポップアイコンにもなった法曹界のリベラル派

3月に公開された劇映画『ビリーブ 未来への大逆転』で若き日の活躍が描かれた、アメリカの最高裁判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグ。80歳を過ぎた今も現役で活躍し続け、アメリカで最も尊敬される女性の1人である彼女を追ったドキュメンタリーだ。RBGはその名の頭文字で、ラッパーのノトーリアスB.I.G.に由来する愛称。サブタイトルに“最強の85才”とあるが、3月に86歳の誕生日を迎えている。

・アメリカで敬愛される最高齢の女性判事を熱く演じる/『ビリーブ~』F・ジョーンズ インタビュー

今やアメリカのポップカルチャーのアイコンとなり、ロックスターのような人気者になっているのはなぜか? 家族や友人、知人の証言や本人へのインタビューでその人柄が明かされ、彼女の歩みを見ていくことでアメリカに男女平等の精神が徐々に定着していくステップも知ることができる。

女性として史上2人目のアメリカ合衆国最高裁判所判事となったRBGは1933年、ニューヨークのユダヤ系移民の家庭に生まれた。女性の大学進学が少数派だった1950年代、大学卒業後にハーバードとコロンビアのロースクールで学んだ彼女は、1970年代から男女の性差別を訴える裁判に数多く携わり、1993年にビル・クリントン大統領により、最高裁判事に指名される。その後も法の下の平等の実現に向けて、あらゆる差別をなくすために活躍している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る 2019年5月10日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アクアマン」のニュース

次に読みたい関連記事「アクアマン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。