カンヌ審査委員長のイニャリトゥ監督も! メキシコ出身監督が映画界を席巻

カンヌ審査委員長のイニャリトゥ監督も! メキシコ出身監督が映画界を席巻

今年のカンヌ国際映画祭審査委員長をつとめる、メキシコ出身のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督

5月14日に開幕するカンヌ国際映画祭。今回、審査委員長を務めるのはアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。今ハリウッドを席捲するメキシコ出身監督の1人だ。アカデミー賞監督賞はここ6年でメキシコ出身監督が5回受賞している。

・『ローマ』、アカデミー賞最多10部門候補で映画業界に激震!

【アカデミー賞監督賞の受賞者】
14年『ゼロ・グラビティ』アルフォンソ・キュアロン
15年『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』イニャリトゥ
16年『レヴェナント: 蘇えりし者』イニャリトゥ
(17年はアメリカ人のデイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』)
18年『シェイプ・オブ・ウォーター』ギレルモ・デル・トロ
19年『ROMA/ローマ』キュアロン

なぜ彼らがハリウッドで評価されるのか。彼らのプロフィールから探る。

最初にハリウッドに進出したのはキュアロン(61年生まれ)だ。95年『リトル・プリンセス』でハリウッド映画デビューを果たす。97年『大いなる遺産』の後、02年に10年ぶりに故国メキシコで撮影した『天国の口、終りの楽園。』を公開。アカデミー賞脚本賞候補となる。これがきっかけでシリーズ3作目『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(04年)に抜擢され、2億5000万ドル(米国の興収、以下同)の大ヒットを記録する。以後、『トゥモロー・ワールド』(06年、アカデミー賞脚色賞候補)、『パリ、ジュテーム』(07年)と着実にキャリアを重ね、『ゼロ・グラビティ』(13年)が2億7400万ドルの大ヒット。アカデミー賞監督賞を受賞する。そして今年、『ROMA/ローマ』で再びアカデミー賞監督賞を受賞する。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る 2019年5月14日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。