カンヌ審査委員長のイニャリトゥ監督も! メキシコ出身監督が映画界を席巻

デル・トロ(64年生まれ)は子どもの頃からホラー映画やモンスター映画のファン。彼が作る映画は一貫して自らが好きなものを題材にしている。長編映画監督デビュー作『クロノス』(93)でカンヌ国際映画祭の批評家週間グランプリに選ばれ注目を集める。続く『ミミック』(97年)でハリウッドに進出。02年に『ブレイドII』に抜擢され8200万ドルのスマッシュヒット。『ヘルボーイ』(04年)は彼が愛読するコミックで、7年をかけてハリウッドのメジャースタジオを説得して映画化。自ら脚本も手がけ、6000万ドルのスマッシュヒットを記録する。続くメキシコとスペインの合作『パンズ・ラビリンス』(06年)でアカデミー賞脚本賞候補となる。その後、自ら企画を立ち上げ、脚本も手がけた『パシフィック・リム』(13年)は1億200万ドルを記録。『シェイプ・オブ・ウォーター』(17年)はベネチア国際映画祭の金獅子賞に輝いた後、アカデミー賞で作品賞・監督賞を含む4部門を受賞。6400万ドルのスマッシュヒットとなる。

最後はイニャリトゥ(63年生まれ)。大学在学中の1984年、ラジオの音楽番組の司会者となり、その後映画音楽の作曲も手がける。長編映画初監督作『アモーレス・ペロス』(00年)が、カンヌ国際映画祭の批評家週間でグランプリを受賞し注目を集める。『バベル』(06年)ではカンヌ国際映画祭の監督賞とエキュメニカル審査員賞を受賞し、アカデミー賞で作品賞と監督賞に初ノミネートされる。興収は3400万ドルと、シリアスな内容からか平凡な興行成績に終わる。2度目のノミネートとなった『バードマン』(14年)で作品賞と監督賞に輝く。だが興収は4200万ドルと、『バベル』同様ヒットとは程遠い。2年連続で監督賞を受賞した『レヴェナント: 蘇えりし者』が1億8400万ドルと自身初の大ヒット作となった。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る 2019年5月14日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。