突然の引退宣言に続く奇行や乱闘騒ぎ…大ひんしゅくの後に訪れた充実のキャリア

突然の引退宣言に続く奇行や乱闘騒ぎ…大ひんしゅくの後に訪れた充実のキャリア

ホアキン・フェニックス

(…前編「両親はヒッピー、カルト集団の中で育った少年」より続く)

【この俳優に注目】ホアキン・フェニックス/後編
「お前は僕より有名になる」という兄の予言

そんな中で、突如俳優を引退&ラッパー転向を宣言して世間を騒がせたのは2008年のこと。そうは言っても彼が演技を捨てられるはずはない、数年後には撤回してカムバックするに違いないという見方が大半だったが、その後トーク番組などで見せた奇行の数々やライブ会場での乱闘騒ぎなども含めて、2010年公開の『容疑者、ホアキン・フェニックス』のための仕込みだと気づく人はいなかった。当時、義弟(妹サマーと結婚していた)だったケイシー・アフレックが監督を務めたフェイク・ドキュメンタリーは種明かしと同時に顰蹙を買い、のちにアフレックがセクハラで同作の撮影スタッフだった女性2人から訴えられる事態も起きた。

『容疑者~』について賛否は分かれるが、誰もが認める実力がありながら、結局私生活ばかり面白がられてきたホアキンにとって、一種の厄払いになったのではないかと思える。それほどに、2010年代以降の彼のフィルモグラフィは充実しているのだ。

ポール・トーマス・アンダーソン監督の『ザ・マスター』(12)では2度目のオスカー主演男優賞ノミネート、同監督の『インヒアレント・ヴァイス』(14)、スパイク・ジョーンズ監督の『her/世界でひとつの彼女』(13)、昨年のカンヌ国際映画祭で男優賞を受賞した『ビューティフル・デイ』(17)、ジョン・C・ライリーと兄弟を演じた西部劇『ゴールデン・リバー』(18)など、枚挙にいとまがない。ウディ・アレン監督の『教授のおかしな妄想殺人』(15)も本領を発揮した1作だ。この監督に起用される多くの俳優は “ウディ・アレン仕様”の演技になりがちだが、ホアキンはそうはならず、独特の空気感で存在し、いかにもウディ・アレンらしい物語に新鮮なトーンを吹き込んだ。
MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る 2019年10月12日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。