10月公開作ランキングは『ジョーカー』がぶっちぎりの1位、50億超も視野

10月公開作ランキングは『ジョーカー』がぶっちぎりの1位、50億超も視野

『ジョーカー』
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &(C)DC Comics

10月公開作1位は『ジョーカー』。10月27日までの公開24日間で興収35億円をあげ、最終興収で50億円超えが見込めるペースで動員を伸ばしている。アメコミ原作の映画では『アベンジャーズ』などマーベルのヒット作が目立つが、今年はDCコミックスの『アクアマン』が興収16億円のスマッシュヒットを記録。本作の大ヒットもあり、DCの日本市場での存在感が増している。

・ミドルシニア層に支持され三谷幸喜人気が復活!

ヒットの要因は、20代30代のライトな映画ファンと、30代40代のアメコミファン(原作のDCコミックスのファン)の両方をつかめたこと。アメコミ映画としては初めてベネチア映画祭で最高賞の金獅子賞を受賞した話題性、社会問題を扱った内容、主人公の境遇への共感などが、ライトなファンに口コミで広がった。

一方、ジョーカーはDCファンに人気の高い悪役なので、ファンからソッポを向かれないような配慮も行った。ポスターやチラシのメインビジュアルには主演ホアキン・フェニックスの顔がアップの写真を使用。タイトルの表記は、アルファベットの「JOKER」を大きくあしらい、カタカナは小さめ。掲載するホアキン・フェニックスの名前や宣伝コピーの文字はシンプルにしてかっこよさを出した。

注目度アップに貢献したのが日米同時公開だ。同時公開だと宣伝で使える映像や写真などが限られるデメリットがある一方、ネット時代なので米国で高まった話題性が瞬時に日本に伝わり、観客を引き付けられるメリットがある。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「アベンジャーズ + 時系列」のおすすめ記事

「アベンジャーズ + 時系列」のおすすめ記事をもっと見る

「アベンジャーズ + メンバー」のおすすめ記事

「アベンジャーズ + メンバー」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ハリー・ポッター」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月30日の映画記事

キーワード一覧

  1. アベンジャーズ メンバー
  2. アベンジャーズ 映画
  3. アベンジャーズ 時系列

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。