橋本マナミ、濃厚キスシーンカットされる。監督「ぜひDVD特典映像で」

橋本マナミ、濃厚キスシーンカットされる。監督「ぜひDVD特典映像で」

橋本マナミ

橋本マナミが11月16日に新宿バルト9で行われた映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶に、玉城ティナ、楽駆、森七菜、仁村紗和、大場美奈(SKE48)、藤田富、白石晃士監督と登壇。頑張った濃厚キスシーンがットされていたことを明かした。

・映画『地獄少女』公開記念舞台挨拶、その他の写真

公開を迎えた気持ちを聞かれた玉城は「撮影から丸1年以上経って、やっと昨日、初日を迎えてホッとした気持ちと、昨日からSNSなどでも感想をいただいていて、それぞれ受けとられる方次第で感覚が変わる映画なんだと、あらためて感じることができました」と挨拶。主人公の閻魔あいを演じたことについては、「今回(役柄が)人間じゃないということで、思い返したら以前、宇宙人役もやっていたりして、だから宇宙と地獄はやったので(笑)、もし、ほかに何かあったらよろしくお願いします」と続け笑いを誘った。

骨女役を演じた橋本は「初めての妖怪役で、初めての特殊メイクで、顔半分が骨と、すごく怖く演出されていたと思うんです。元々アニメが人気で、『骨女は誰がやるの?』とSNSで囁かれていて、(私が演じることに)賛否があったようですが、公開して1日経ちますけど、今のところ批判は届いていないので、良かったなと思っています(笑)」と、不安混じりで公開を迎えた気持ちを吐露。

これに対し白石監督は「俺もツイッターですごいエゴサーチしているんですけど、骨女への批判はないです」と話し、楽駆は「(自身が演じた)一目連の再現度が高いというツイートは、まだ僕の耳には入ってきていないです(笑)」と控えめに答え、玉城が「何でそんなこと言うの(笑)」と突っ込む場面も。森は「妖怪の方も多い中、私が一番普通で平凡な女子高生だったので、みなさんに共感してもらえる役でありたいと演じました」と笑顔で答えた。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る 2019年11月17日の映画記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。