新記録樹立なるか! 絶好調だった2019年の映画ビジネスを振り返る

新記録樹立なるか! 絶好調だった2019年の映画ビジネスを振り返る

大ヒット中の『アナと雪の女王2』 
(C)2019 Disney. All Rights Reserved.

映画興行の好調、特殊スクリーン急増、ディズニーの一人勝ち状態など、ビジネス面から見た、2019年の映画業界5大ニュースをまとめた。

【1】年間興行収入の新記録樹立へ

 2018年の年間興行収入は2225億円。19年は前年より10数パーセント増で推移しており、11月22日公開『アナと雪の女王2』が大ヒット中。『君の名は。』『シン・ゴジラ』で沸いた16年に記録した史上最高の2355億円を上回り、新記録樹立となりそう。TOHOシネマズなど一部のシネコンでは6月から入場料金を100円値上げしており、これも年間興収増に寄与している。

・正月の注目映画はコレ! アナ雪にSW、ルパン三世…シニア層にも目配り

【2】年間動員数2億人なるか

 16年の1億8019万人を上回り、2億人に届くのではと映画関係者は期待している。
 映画業界の団体では「映画館へ行こう!」実行委員会を作り、「夫婦50割引」など動員アップの様々な施策を行っており、年間動員数2億人を目標に掲げている。2億人に届けば、1971年以来38年ぶりの快挙となる。

【3】東京・池袋に新シネコン「グランドシネマサンシャイン」がオープン

 池袋にはシネマサンシャイン池袋(6スクリーン)と池袋HUMAXシネマズ(6スクリーン)という2つのシネコンがあるが、佐々木興業がシネマサンシャインを閉館して新たにグランドシネマサンシャインを7月にオープンさせた。年間動員200万人、売り上げ30億円を目標に掲げる大型シネコンで、12スクリーンを要し、IMAXレーザーや4DX with ScreenXと最新設備を備えている。池袋には20年にTOHOシネマズが10スクリーンのシネコンをオープン。新宿には3つのシネコンがあり全体の観客動員数の底上げにつながったが、池袋もそうなるか。それともパイの奪い合いになるのか、気になるところだ。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「塔の上のラプンツェル」のニュース

次に読みたい関連記事「塔の上のラプンツェル」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ミニオンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「ミニオンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ファインディング・ニモ」のニュース

次に読みたい関連記事「ファインディング・ニモ」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月27日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。