ディズニーの強さ際立つ2019年全米興行ランキング

ディズニーの強さ際立つ2019年全米興行ランキング

『アベンジャーズ/エンドゲーム』
(C) Marvel Studios 2019

2019年の全米興行ランキング1位は『アベンジャーズ/エンドゲーム』。前作『インフィニティ・ウォー』から続く物語で、『アベンジャーズ』のフィナーレを飾った。アイアンマンとキャプテン・アメリカの活躍が最後となる衝撃の内容で一大イベントとなり、初日3日間のオープニング興収は歴代新記録を樹立。最終的な興収では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に次ぐ歴代2位を記録した。

・2019年ハリウッド重大ニュース/性的暴行加害者への非難、環境保護への気運高まる

2位は『ライオン・キング』。ディズニーの名作アニメの実写化を比較すると、日本では『アラジン』、米国では『ライオン・キング』の興収が上回っている。

目を引くのが4位『キャプテン・マーベル』の人気。初めて映画化されるキャタクターとしては異例の大ヒットとなった。日本では年間ランキング圏外で、米国でのヒットぶりが際立っている。18年の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のラストでキャプテン・マーベルの存在がほのめかされ、『エンドゲーム』の前に公開。絶妙のタイミングでのお披露目で、ファンの心をしっかりつかんだ。マーベル映画初の女性ヒーローで、ハリウッドで多様性を重視する流れもヒットを後押ししたようだ。

近年米国映画界を席巻するアメコミ映画は5本がトップ10入り。DCコミックス作品が『アクアマン』『ジョーカー』と2本あり、押されていたマーベル映画に反撃ののろしを挙げたといえそう。また『ジョーカー』はR指定のアメコミ映画としては『デッドプール』『ローガン』に続く大ヒット。バイオレンス描写が過激でも、見たいファンが多いことを改めて示した。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ディズニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アベンジャーズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ピクサー」のニュース

次に読みたい関連記事「ピクサー」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。