佐藤浩市、石田ゆり子は「ホッとできる」存在 

佐藤浩市、石田ゆり子は「ホッとできる」存在 

佐藤浩市と石田ゆり子

俳優の佐藤浩市や女優の石田ゆり子が12月24日、渋谷のセルリアン東急ホテルで実施された映画『サイレント・トーキョー』の製作発表会見に西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼、波多野貴文監督とともに出席。多数の作品で共演する2人は、互いに対する思いなどを語った。

・豪華キャストが勢ぞろい!映画『サイレント・トーキョー』製作発表会見、その他の写真

本作は、ドラマ『アンフェア』シリーズの小説などを手がけた秦建日子(はた・たけひこ)が、ジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされて執筆した小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」を原作とするクライムサスペンス。クリスマスイヴの東京を舞台に、群衆を襲うテロの恐怖や、翻弄される人々を描く。

事件現場に現れる謎の男・朝比奈仁を演じる佐藤は「あの…すみません。謎の男なので、あまり喋れません(笑)」と挨拶。脚本の感想を求められて「映像的にだいぶアレンジしている。原作を読まれた方も映像で楽しめる。そういう二重構造になっている」と解説。MCから自身の役柄の説明も求められると「だから役柄言えないんだよ…!」と語気を強め、会場を笑わせた。

一連の事件に巻き込まれる主婦・山口アイコ役の石田も「私も謎の主婦なので、あまり話せることがない」と言い、本作について「もしクリスマスに東京でテロが起こったらという、どんなに想像しても想像しきれない恐怖を自分の中に落とし込むのが大変だった」と回想し、「日々の何気ない生活が、何でもないことが、どれだけありがたいことなのか感じられる作品になるのでは」と話した。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。