働いても豊かになれないのはなぜ? 経済ドキュメンタリー『21世紀の資本』予告編解禁

働いても豊かになれないのはなぜ? 経済ドキュメンタリー『21世紀の資本』予告編解禁

(C) 2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved

フランスの経済学者トマ・ピケティによるベストセラー「21世紀の資本」を映画化した社会派ドキュメンタリー『21世紀の資本』の予告編が解禁となった。

・映画『21世紀の資本』その他の場面写真

「21世紀の資本」は、2014年に日本でも発売され一大ブームを巻き起こしたトマ・ピケティによる経済学書。史上最も重要な経済学書として世界中から称賛を浴びた。しかし、700ページという大作のため、完読が難しいというのも有名な話。そこで著者のピケティ自身が監修から出演までこなし、本で実証した理論を難しい数式などを一切使わず、一般の人も五感で理解できるように映画化したのが、この作品だ。

解禁となった予告編は、「お金」「格差」「権力」「貧困」といった、今の時代を象徴するパワーワードとともに幕開け。続いて原作者であるピケティ自身が「21世紀は恐ろしい時代に突入。それは歴史が証明している」と明言する。

その後、映像は、18世紀の貴族制、第2次世界大戦、レーガン元大統領の有名なフレーズ「アメリカを再び偉大に!」など、過去300年のフッテージ映像を映し出し、社会を混沌とさせた出来事をなぞりながら「この世は仕組まれている」という衝撃の真実に迫っていく。

「1%の富裕層が70%の土地を独占!?」「貧富の差が広がっている!?」「先進国では人口の3分の2が両親より貧乏になるでしょう」と、テロップや言葉で次々と脅し文句が。だが、これは決して脅しではないのだろう。

そして予告編は「世界経済を“映画”から学ぶ」というテロップが大写しになった後、「金持ちになるか、貧乏になるか、この映画が教えてくれる」というナレーションが入り、最後は「あなたは21世紀をどう生きるべきか?」という問いかけとともに幕を閉じる。

『21世紀の資本』は3月20日より新宿シネマカリテほかにて全国順次公開となる。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。