発明王エジソンにライバルがいた!映画『エジソンズ・ゲーム』予告編解禁

発明王エジソンにライバルがいた!映画『エジソンズ・ゲーム』予告編解禁

(C)2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved.

世紀の発明王トーマス・エジソンと彼と電気ビジネスの覇権を争ったカリスマ実業家ジョージ・ウェスティングハウスの闘いを描く映画『エジソンズ・ゲーム』が、4月3日に全国公開されることが判明した。あわせて予告編映像と場面写真が解禁されている。

・映画『エジソンズ・ゲーム』、その他の写真

本作は、アメリカ初の電力送電システムをめぐる1880年代の「電流戦争」をモチーフにしたビジネスバトル作品。莫大な金が動く特許争奪戦、名誉をかけた裁判、その影で横行するスキャンダラスなネガティブキャンペーンと裏取引など、エジソンら天才によって繰り広げられた闘いの全貌を活写する。

当初、本作はワインスタイン・カンパニーの作品として、2017年にトロント国際映画祭でお披露目され全米公開を予定していた。しかし共同創業者のハーヴェイ・ワインスタインのセクハラ疑惑が発覚。同社は破産に追い込まれ、映画は公開延期を余儀なくされた。その後、ワインスタイン・カンパニーは買収され、新たな配給会社「101 Studios」により、ついに昨年10月、全米公開を実現したばかり。この復活劇に一役買って出たのは、巨匠マーティン・スコセッシ監督だ。

トロント映画祭で披露された当時の作品は、ワインスタイン・カンパニーの強い圧力によってまとめられた、製作陣にとって不本意なバージョンだったという。アルフォンソ・ゴメス=レホン監督の師匠で本作の製作総指揮であるスコセッシ監督は、それを完成版と認めず、製作陣による再編集を支援。監督たちは、超多忙なスター俳優たちを集め、たった1日限りの再撮影を敢行。元のバージョンから10分を削り、新たに5つものシーンを追加した渾身の“ディレクターズ・カット”を完成させ、2年越しの全米公開となる奇跡の大逆転を成し遂げた。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。