『カイジ』が1月ランキング1位! 格差描く『パラサイト』が続く

『カイジ』が1月ランキング1位! 格差描く『パラサイト』が続く

『カイジ ファイナルゲーム』
(C)福本伸行 講談社/2020映画「カイジ ファイナルゲーム」製作委員会

1月公開作の1位は『カイジ ファイナルゲーム』。人気コミックを藤原竜也主演で実写映画化したシリーズの3作目だ。原作者・福本伸行がオリジナルストーリーを考案し、共同で脚本も手がけた。1作目は興収22.5億円、2作目は16.1億円を記録。9年ぶりとなる本作は公開後17日間で14.1億円。前作超えは確実で、期待通りの興行成績となった。藤原竜也や福士蒼汰らキャストは、製作元・日本テレビの『笑点』『おしゃれイズム』『ZIP!』『スッキリ』などバラエティ番組や情報番組に出演してPRに務めた。

・『カイジ』藤原竜也が福士蒼汰の高圧テンションにひるむ

2位は『パラサイト 半地下の家族』。昨年12月27日からTOHOシネマズ日比谷、梅田の2館で特別先行公開され、日比谷では最大の座席数を誇るスクリーン1(459席)が満席続出となる好スタート。同じ27日にはTOHOシネマズ六本木ヒルズでポン・ジュノ監督とソン・ガンホが登壇したプレミア上映が実施され、最大の座席数を誇るスクリーン7(533席)が発売日に即日完売。年末に口コミで評判が広がった。1月10日から全国で公開され、TOHOシネマズのチェーンを中心に136スクリーンと絞った興行を実施し、25日の週末には168スクリーンに拡大。公開後17日間で興収9.7億円を記録している。1月13日に発表されたアカデミー賞ノミネートで作品賞、監督賞など6部門候補となり、勢いがついた。特にTOHOシネマズのチェーンは絶好調で、18~19日の週末はTOHOの動員ランキング1位(全国総合では5位)、25~26日も1位(全国総合4位)を記録している。日本時間2月10日に発表されるアカデミー賞の結果次第ではさらに興収を伸ばしそうだ。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「実写化 + 漫画」のおすすめ記事

「実写化 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

「実写化 + アニメ」のおすすめ記事

「実写化 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「実写化」のニュース

次に読みたい関連記事「実写化」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月29日の映画記事

キーワード一覧

  1. 実写化 アニメ
  2. 実写化 映画
  3. 実写化 漫画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。