バカリズム、『架空OL日記』親友マキちゃんと坂井真紀の意外な関係明かす

バカリズム、『架空OL日記』親友マキちゃんと坂井真紀の意外な関係明かす

バカリズム(左)と夏帆(右)

芸人のバカリズムが原作・脚本・主演をつとめた映画『架空OL日記』の完成披露試写会が、2月4日にスペースFS汐留にて行われ、主演のバカリズムをはじめ、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子、シム・ウンギョン、坂井真紀、住田崇監督が登壇した。バカリズムは主人公の親友・マキちゃんと坂井真紀との意外な関係や、撮影現場の様子について語った。

・映画『架空OL日記』完成披露試写会、その他の写真

バカリズムが2006年から3年もの間、銀行に勤めるOLになりきって綴ったブログを書籍化した「架空OL日記」。2017年に放送された連続ドラマでは、夏帆や臼田ら女優陣の中に、主人公のOL「私」役を演じるバカリズムがそのままの姿で溶け込む様子が、視聴者に衝撃を与えるとともに、多くのファンを生み出した。そして今年、お馴染みのメインキャストに新キャストも加わり、満を持して映画化された。

バカリズムは本作を「ドラマの時からそうだが、現場が楽しくて。自分たちの“思い出ビデオ”を見せるような、恥ずかしい感覚。本編なんだけど、ちょっとメイキングみたいな。本番と空き時間の差がなかった」と述懐。ドラマの撮影が終了し、期間があいてからの映画撮影初日を「夏休み明けの初日みたいな感じ」と表現し、客席の笑いを誘った。

本作を「絶対に面白いので」と断言した山田は、バカリズムの脚本について「爆笑して(脚本を)読むってことはほとんどないので。何度も読んで、観客目線で笑って。でも実際に演じてもし笑えなかったら、それは完全に役者のせいなので、すごいプレッシャーだなと思った。緊張していた」と心境を吐露。発したことのないようなセリフが続出し、ストーリーもなく淡々と進んでいく内容に、最初は戸惑ったと明かした。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。