国民的アニメに描かれる“さりげなくバイアスのかかった女性像”への不快感

国民的アニメに描かれる“さりげなくバイアスのかかった女性像”への不快感

齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月の共演で、実写ドラマ・映画化も決定した『映像研には手を出すな!』


(…「【ついついママ目線】『映像研には手を出すな!』1/『映像研』ヒロインが世間をざわつかせる理由とは?」より続く)

【ついついママ目線】『映像研には手を出すな!』2/3

NHKで放送中のアニメ『映像研には手を出すな!』に登場するヒロインたちは、これまでのアニメの記号的な“女の子像”からはみ出したキャラクターだ。浅草みどりの声を演じているのは、女優としても活躍する、ベビーフェイスに低音でハスキーな声が特徴的で魅力の伊藤沙莉だ。キャラクターデザインも大童澄瞳の原作通り、萌えキャラではなくあっさりとしたキャラクターである。

監督は『四畳半神話大系』の湯浅政明。彼は、ジェンダーの扱いにおいて信用おけると思っている。もちろんどのキャラクターも女の子らしくないというわけじゃない。『夜明け告げるルーのうた』や『きみと、波にのれたら』などでは、胸が大きい女の子やミニスカートや水着も登場する。けど、それに伴う違和感や不快感がないのだ。

日本の大きな文化であり、多くの人が子ども時代から馴れ親しむアニメにおいて、そこで描かれるジェンダーに違和感や不快感を感じることが多い。まあ、それは今に始まったことじゃなく、私が言わなくてもフェミニストたちが声を大にして叫んできたことではある。

でも、たびたび声高に批判される、わかりやすく記号的な“女の子”キャラよりも、アニメファン以外の多くの人が目にするヒット作で、さりげなく描かれているバイアスのかかったジェンダーのほうが私は違和感を感じて不快でゾッとする。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「実写化 + 漫画」のおすすめ記事

「実写化 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

「実写化 + アニメ」のおすすめ記事

「実写化 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「実写化」のニュース

次に読みたい関連記事「実写化」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月18日の映画記事

キーワード一覧

  1. 実写化 アニメ
  2. 実写化 映画
  3. 実写化 漫画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。