ピンボケ写真から伝わってくるのは、家族を思う優しさ/『世界から猫が消えたなら』

ピンボケ写真から伝わってくるのは、家族を思う優しさ/『世界から猫が消えたなら』

『世界から猫が消えたなら』
(C) 2016映画『世界から猫が消えたなら』製作委員会


【フォトグラファーのオススメ/写真やカメラが印象に残る映画】
『世界から猫が消えたなら』

先月放送が終了したドラマ『恋はつづくよどこまでも』や、いよいよ最終章の公開が発表された映画『るろうに剣心』シリーズなど話題作が続く佐藤健さんが、一人二役を演じたファンタジードラマです。佐藤さんが主人公の“僕”と“悪魔”を、そして元恋人を宮?あおいさん、映画オタクの親友を濱田岳さん、疎遠になった父を奥田瑛二さん、死別した母を原田美枝子さんが演じています。

・『セカチュー』超えに期待! 小林武史の手堅い仕事が涙腺を刺激する『世界から猫が消えたなら』

原作は2013年に本屋大賞にノミネートされた川村元気氏による同名ベストセラー。脳腫瘍のために突然余命宣告された“僕”が、自分と瓜二つな“悪魔”から1日の延命と引き換えに「この世界からモノを一つ消す」という取り引きを持ちかけられた事から始まります。電話、映画、時計とひとずつ世界から消えるごとにそれぞれに結びついていた思い出や絆を振り返る内容で、自分を見つめ直していく“僕”の姿に日々の大事さを感じさせられました。

佐藤さんの地味な“僕”とちょっとふざけた“悪魔”との演じ分けや、世界から何かが消えるVFXの表現、優しい映像など見どころは多々ありますが、そんな中に印象的な1枚の写真が出てきます。序盤、“僕”が何気なく手にした思い出の写真箱に入っていた写真で、“僕”は大切そうに見つめるもその時は大きくブレていて誰が写っているのかもどこで撮影したのかも分からない内容でした。でも、物語の後半にその写真の背景が描かれます。病で余命いくばくもない母親と家族3人で最後の温泉旅行をした際に、父親がフィルムカメラで撮影したものでした。写真に写っていたのは“僕”と車いす姿の母親、そして涙をこらえる父親の心情がブレとなって写り込んでいます。そんな父親を見て、母親は「手震えてるよ」と和やかに“僕”に語り掛けます。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「濱田岳 + 結婚」のおすすめ記事

「濱田岳 + 結婚」のおすすめ記事をもっと見る

「濱田岳 + 映画」のおすすめ記事

「濱田岳 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュース

次に読みたい関連記事「佐藤浩市」のニュースをもっと見る

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月12日の映画記事

キーワード一覧

  1. 濱田岳 ドラマ
  2. 濱田岳 映画
  3. 濱田岳 結婚

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。