超ド級のスケール! 中国SF「三体」が異例の人気 そのワケは?

       
超ド級のスケール! 中国SF「三体」が異例の人気 そのワケは?

第1作「三体」(左)と、続編「三体?:暗黒森林」の上巻(右)。

中国の長編SF小説「三体」の続編「三体?:暗黒森林」が、上下巻で6月18日に発売された。シリーズの世界累計発行部数が2900万部超を誇り、日本でも日に日に信者が増えている。

・大胆な設定と美男美女で描かれる「三国志」/中国ドラマ『三国志 Secret of Three Kingdoms』予告編

本シリーズは、元エンジニアの中国人SF作家・劉慈欣(りゅう・じきん)が手がけた3部作。2008年に第1作目が中国語で刊行され、2015年、劉は、SFやファンタジー作品に贈られるヒューゴー賞(第73回)をアジア人として初受賞。世界各国で次々と翻訳され、日本でも2019年に発売された。

愛読者として元アメリカ大統領のバラク・オバマ氏、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ氏、ゲームクリエイター・小島秀夫氏など各界の著名人が知られ、いずれも「三体」を絶賛している。

小説が売れにくい昨今、日本で13万部以上売り上げる第1作では、ナノテク素材の研究者・汪?(ワン・ミャオ)が、世界的な科学者たちが自殺する事実の裏にある秘密を探るべく、謎の学術団体へ接触を図る。しかし汪?は、科学的にありえない怪現象に遭遇する。そして3つの太陽を持つ異星を舞台にしたVRゲーム「三体」で驚愕の真実を知ることになる。

ここまで聞くと「ちょっと面白そうかも…」と感じるかもしれない。「三体」はたしかに面白い。だが、これから第1作目を読む方に向けて、ネタバレを回避しつつ、事前に覚悟しておいたほうが良いことがを複数紹介する。

あわせて読みたい

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月22日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。