黒沢清監督の代表作『CURE』が、4Kデジタル修復国内初ブルーレイ化。あの不気味さが一層鮮明に

黒沢清監督の代表作『CURE』が、4Kデジタル修復国内初ブルーレイ化。あの不気味さが一層鮮明に
       

現在開催中の第77回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門に映画『スパイの妻』が正式出品され、現地時間12日の発表に期待がかかる黒沢清監督。その代表作『CURE』(97年)が、4Kデジタル修復を経て国内で初めてブルーレイで発売になる。

感染防止策徹底し開催、第77回ヴェネチア国際映画祭が開幕

『CURE』は、 猟奇殺人事件を追う高部刑事(役所広司)と謎の男・間宮(荻原聖人)の対決が見物のサイコ・サスペンス。普通の一般人が催眠に掛けられ狂気に陥るこの作品は、第27回ロッテルダム映画祭や第16回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭へ出品され、黒沢清が海外で高い評価を受けるきっかけとなった。

今回のリリースにあたり、黒沢清監督は「私の人生に最も大きな影響を与えた映画です。多分このようなものは二度と撮れないでしょう。あの頃は、まだJホラーだの海外映画祭出品だのといったカテゴリーもなく、ただ理解ある仲間たちと楽しくやりたいようにやっていただけです。それで何でこんなにダークな映画が、と思われる方もいらっしゃるでしょうが、そういうものなんですね」とコメント。

このブルーレイは、オリジナルネガから4Kスキャンと修復を行い高ビットレートでエンコードしたデジタルニューマスターを使用。喜久村徳章撮影監督がグレーディングを監修したとのことで、心理的描写とともに映像から受ける不気味さが際立つこと請け合い。

特典映像として、未公開メイキング映像やスタッフの証言を交え、安里麻里監督による「黒沢清『CURE』演出術」、土川勉と下田淳行の「プロデューサー対談」を新たに収録。「第31回東京国際映画祭役所広司特集『CURE』ティーチ・イン映像(役所広司×黒沢清)」も収録される。

その他の写真はコチラ

なお、『蛇の道』『蜘蛛の瞳』も新規HDマスターで同時にDVD化。特典として劇場公開当時の復刻チラシが封入される。(文:fy7d)

当時の記事を読む

黒沢清のプロフィールを見る
MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「黒沢清」に関する記事

「黒沢清」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「黒沢清」の記事

次に読みたい「黒沢清」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月11日の映画記事

キーワード一覧

  1. 黒沢清 前田敦子

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。