『STAND BY ME ドラえもん2』大ヒットスタートも、前作比では物足りない出足?

『STAND BY ME ドラえもん2』大ヒットスタートも、前作比では物足りない出足?
       

『STAND BY ME ドラえもん 2』
(C)Fujiko Pro/2020 STAND BY ME Doraemon 2 Film Partners

『SBM 2』は大人客が多いのが特徴

11月20日から『STAND BY ME ドラえもん2』が公開された。前作に続き八木竜一監督と山崎貴監督がタッグを組み、名作として知られる『おばあちゃんのおもいで』をベースにオリジナルストーリーを生み出し、3DCGでアニメ映画化した。妻夫木聡が大人のび太役で続投し、宮本信子がのび太のおばあちゃんの声を担当した。

・ハリウッド大作の枯渇を『鬼滅の刃』『ドラえもん』など邦画で埋める冬興行

宣伝に際しては有名人を起用した「のび太&しずか結婚応援団」を発足。“みちょぱ”ことモデルの池田美優、“ゆきぽよ”ことモデルの木村有希、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉、俳優の鈴木福、コピーライターの糸井重里らが祝福のメッセージを寄せ、特設サイトでメッセージ映像を公開した。また11月20日には前作がテレビ朝日系で放送された。

各シネコンのHPで上映スクリーン数を見ると、1館で2~3スクリーン、1日10回以上、上映しているところが多い。シネコン側の期待の高さが上映回数増となって表れた。

23日までの4日間で興収は約6億7000万円。8月に公開された『映画ドラえもん のび太の新恐竜』と比べると約88%。『のび太の新恐竜』の総興収が推定33億円なので、最終興収29億円が見込まれる出足だ。14年公開の前作の総興収83.8億円の半分以下。大ヒットと呼べる興行成績だが、前作と比べると物足りないともいえそう。


山崎貴のプロフィールを見る
MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「山崎貴」に関する記事

「山崎貴」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「山崎貴」の記事

次に読みたい「山崎貴」の記事をもっと見る

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月26日の映画記事

キーワード一覧

  1. 山崎貴 映画

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。