門脇⻨と水原希子が格差社会の生きづらさ体現。『あのこは貴族』予告編解禁

門脇⻨と水原希子が格差社会の生きづらさ体現。『あのこは貴族』予告編解禁
拡大する(全1枚)

(C)山内マリコ/集英社・『あのこは貴族』製作委員会

自ら自分の人生に線引きをしてきた日々からの解放

門脇⻨と水原希子が共演する映画『あのこは貴族』が来年2021年2月26日より全国公開されるが、その予告編と本ビジュアルが解禁となった。

・映画『あのこは貴族』予告編

本作は山内マリコの同名小説の映画化で、監督は初のオリジナル⻑編作品『グッド・ストライプス』で新藤兼人賞金賞を受賞した岨手由貴子。

予告編では、前半で、年齢や性別、出身地など社会で選別され続ける生き辛さを榛原華子(門脇)と時岡美紀(水原)の視点を通して映し出す。終盤には、友人の相良逸子(石橋静河)とはしゃぐ華子の姿や友人の平田里英(山下リオ)と笑顔で談笑する美紀の姿がみられ、彼女たちなりに未来へ向けて幸せを模索した様子を感じさせるものとなっている。

合わせて解禁となった大島依提亜デザインによる本ビジュアルでは、黒のタートルネックにネックレスという“お嬢様ルック”の華子に対し、上下紺のパンツスーツを着こなす“働く女性”の美紀が立ち、対照的な立場の違いを見せている。

出自も生きる階層も違う二人の女性がいまの日本を生きる

本作は、本来交わるはずのなかった二人の若い女性の物語。

東京に生まれ、箱入り娘として何不自由なく成⻑し、「結婚=幸せ」と信じて疑わない華子だったが、20代後半に結婚を考えていた恋人に振られることで初めて人生の岐路に立たされる。あらゆる手立てを使ってお相手探しに奔走した結果、良家の生まれで弁護士の青木幸一郎(高良健吾)との結婚が決まり、順風満帆に思えたのだが……。

一方、東京で働く美紀は富山生まれ。小言のうるさい父親や停滞する地元から抜け出したい気持ちから、猛勉強の末に名門大学に入学し上京したが、学費が続かず、夜の世界で働くも中退。次第に心と体はすり減っていき、仕事にやりがいを感じているわけでもなく、都会にしがみつく意味を見いだせずにいた。

そんな交わるはずのなかった華子と美紀は、幸一郎とのつながりで偶然出会い、全く違う互いの世界を知るとともに、新しい扉を開いていく。

『あのこは貴族』は来年2021年2月26日より全国公開。

当時の記事を読む

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月27日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。