正月映画は『ドラえもん』が伸び悩み、『鬼滅の刃』に家族客奪われた?

正月映画は『ドラえもん』が伸び悩み、『鬼滅の刃』に家族客奪われた?
       

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』
(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

福田雄一監督『三國志』も大ヒット

21年の正月映画の興行成績をまとめた(1月3日時点)。

・ハリウッド大作の枯渇を『鬼滅の刃』『ドラえもん』など邦画で埋める冬興行

・[ムビコレおすすめ動画配信サービス5選]ドラマ、映画はネットで見る時代。まずは無料で!

1位は『劇場版『鬼滅の刃』無限列車編』。20年11月30日~21年1月3日までの12月興行・正月興行で興収を71億円あげ、総興収は346億円に達した。12月26日から全国82館でMX4D、4DXの上映が始まり、入場者特典として「無限列車切符風アクリルキーホルダー」を配布。また通常版やIMAXの入場者には別の特典「松島晃描きおろしメモリアルボード」を配布。年末から正月興行で再び勢いがついた。『千と千尋の神隠し』316.8億円を上回り、既に歴代興収新記録を更新した。400億円も視野に入っており、今後、興収をどこまで伸ばすかに注目したい。

2位は『新解釈・三國志』。夏公開『今日から俺は!! 劇場版』に続く福田雄一監督の新作で、中国の『三國志』を新解釈で描き、福田監督らしい笑いが満載。大泉洋、ムロツヨシ、小栗旬、賀来賢人ら豪華なキャスト陣も観客を引き付けた。1月3日時点で31億円を記録している。『今日俺』の54億円には届きそうにないが、『銀魂』38.4億円、『銀魂2』37億円は超えそうな勢いだ。


当時の記事を読む

MOVIE Collection[ムビコレ]の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月8日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。